【検証】ガーミンのランニングウォッチはトレッドミルでも使えるのか?

Garmin(ガーミン)のスマートウォッチ/ランニングウォッチ、いつも走りに行く時は装着してます。これまで野外を走ることが多かったので、普通にGPSを取得して「ランニングモード」で測定してましたけど、最近はトレッドミル(ランニングマシン)を使うことが多くなってきたのでガーミンの出番がなかったのですよね。

いや、でも室内のトレッドミルでもランニングデータを計測できるんじゃなかったっけ?

という訳で、実際に試してみました。

トレッドミルで使用するときの設定は?

ガーミンのスマートウォッチで測定できる種目は機種によっても異なるのですが、「ランニング」「ウォーキング」「サイクリング」「スイミング」など定番のものから、僕の使っている「645 MUSIC」という型番のものは、「トレイルラン」「スキー」「スノーボード」などまであります。

これらの種目はスマートウォッチの本体を操作して、どの種目を開始するか決定します。その中に「トレッドミル」があったので、それを選択してスタートするだけ。

トレッドミルの測定を開始!!


トレッドミルで測定を開始します。はじめはゆっくり、徐々に速度を上げていき15分間走りました。

トレッドミルのランニングデータ


こちらはトレッドミルに表示されるデータです。15分で小ご飯くらいの消費カロリーですね。

  • 走った時間:15分01秒
  • 走った距離:2.4km
  • 消費カロリー:180kcal



ガーミンのランニングデータ


走り終えたら、いつものように「保存」します。


本体に2.24kmと表示されていて、トレッドミルの走行距離を入れて下さいと出るので、その距離を入力します。これが校正でしょうか。


トレッドミルのデータ 2.4kmと入力しました。この入力は本体で行います。


保存。


距離を校正したので、トレッドミルと同じデータになりましたね。カロリーは若干異なりますが。


こちらは心拍数。前半はゆっくりだったので余裕。後半は最高160まで上がりました。

校正したのでなんとも言えないですが、それなりに測れるかなという印象。次回からは校正などしなくて、測定できるのでしょうか?