iPadクローンの中華タブレットTeclast M89レビュー

201909 teclast-m89-review-02844

Apple iPad miniのクローンがあることは知ってましたけど、Teclastなんてメーカー聞いたことがなかったし、まさか購入することになるなんて、、、

Teclast M89という中華タブレットのレビューです。

開封

teclast-m89-review-02827
アマゾンで購入したら次の日に到着。7.9インチタブレットなので箱もコンパクトですね。

teclast-m89-review-02829
箱に「tPad」って書かれてます。意識してますよねー。iPadの「i」ってinternet(インターネット)、individual(個人)、instruct(指導する)、inform(知らせる)、inspire(ひらめき)などの意味が込められているって言われてますけど、tPadの「t」は何なのでしょう?あっ、単純にメーカー名 Teclastのこと?

teclast-m89-review-02830
箱を開けてみると本体の上にメッセージカードがありました。A4の紙をハサミで切ったような手作り感。いいですよね。こういうの好きです。

ただ、いかにも中華タブレットっぽいと言うか、無理に日本語じゃなくてもシンプルな英語で二言三言書いてるだけでいいと思うのですよね。不自然な日本語が中華タブレット感を強くしているような気もします。。

teclast-m89-review-02831
本体を取り出すと、プロテクトフィルムが貼られていて、その下には何と保護フィルムが既に貼られれてました。嬉しいですね。実はすでにAmazonでフィルム買ってしまってましたが、せっかくなので使わせてもらいましょう!

外観

teclast-m89-review-02844
電源をON。カラフルな背景がiPadっぽいですね。ハードのホームボタンはなくベゼルは若干広め。とくに上下は広いですね。中央上部にはカメラがあります。

teclast-m89-review-02835
本体左側にmicroSDのスロット。

teclast-m89-review-02836
右側にはボリュームと電源ボタン。

teclast-m89-review-02838
上部にはスピーカーとUSB、イヤホンジャック、MicroHDMI

USBはtype-Cです。

teclast-m89-review-02847
カラーはゴールドの一色展開。思ったりより質感もよく上品な感じで安っぽさは感じません。背面カメラはひとつです。背面にもプロテクトフィルムが貼られてます。

内容物

内容物は本体、充電器、USBケーブル、クイックスタートガイドの4つ。

アプリケーション

teclast-m89-review-02845
インストールされているアプリケーションが少ない!!まあ、余計なものを入れられるよりいいのですけど。ほんと必要最低限だけ。シンプルでいいです。

はじめから日本語化されていたのがよかったです。アプリの名前も全て日本語でした。

タイムコードは北京になっていたのでそこだけ日本に設定すると、とくに問題なく使えそうな感じ。

ディスプレイ実際の見え方

teclast-m89-review-02848
ヤフーを表示させてみました。解像度は本家iPad miniと同じ2048 x 1536、DPIで326。

ちょっと写真の撮り方的にぼやけた感じしますが、画面はとても綺麗!!細かい文字も潰れることなくはっきり見えるので読みやすいですね。やはりこれくらいの解像度はほしいです。これ以下だと読んでいてしんどくなったりしますから。

アスペクト比4:3ってのも見やすくて良いですね。世の中、縦長ディスプレイが幅をきかしているのですけど、もっと横広ディスプレイが増えて欲しいです。

電子書籍ビューワーとしての利用

teclast-m89-review-160343
通勤通学など電車の中で使うなら、大きさ的にはこれが限界。これ以上大きくなると手軽さがなくなりそう。

解像度も高く、横広ディスプレイなので電子書籍も見やすいです。小説などは文字がはっきりと見えるし、漫画などはアスペクト比とマッチして余分なスペースがありません。

Kindleアプリで電子書籍を読むくらいなら動作はスムース。モタついたりすることはありません。これはWebのブラウジングも同じですね。通信速度さえ確保できていれば特に問題ないかと思います。

カメラの画質評価

タブレットのカメラってあまり使うことないかなと思うので、そこまでこだわらないですが、まあ、正直なところ本機の画質はあまりよくありません。カメラ自体に加えソフトウェアもいまいちっぽい感じ。露出やフォーカスが迷ったり、いざ撮ろうとしても明るすぎる傾向があったり。記録用として割り切りが必要。イメージ的には10年前のスマホカメラって感じです。

teclast-m89-review-173110
背面カメラは800万画素です。写真サイズは3264×2448。夜はとてもノイジーな写真になります。

OTG対応

teclast-m89-review-220544 2
OTGに対応しているので、本機のUSB端子にUSBメモリを差し込めば自動で認識してくれます。これで大容量ファイルのコピーなども手軽にできますね。USBメモリ以外にも様々な機器を接続できます。

ディスプレイの明るさ

teclast-m89-review-093405 2
ディスプレイが明るすぎるて目が痛いので、明るさレベルを最低にしました。これくらいがちょうど良いかも。

通信速度表示

teclast-m89-review-220625
上部バーに通信速度が常時表示されます。今どれくらいの速度が出てるのかパッと確認できて良いです。

バッテリーの持ち時間

Kindleアプリを使って通勤中の読書を1日1時間、月曜から金曜まで続けてみました。月曜日の朝に100%だったものが、金曜の夜に35%くらい。これくらいの使用だったら、充電なしで余裕で使えそうですね。

ウイルス

teclast-m89-review-214806
ググっていると元々の状態でウイルスが検出されたケースもあるとか。新品状態でウイルスなんて中華タブレット怖すぎ。AVLというソフトで一応確認。大丈夫そうでした。