ジェットコースターに乗っているような動画がカンタンに撮れるGoProHero7 BlackのTimeWarp Video

Gopro-timewarp-2

GoPro HERO7 Blackを手に入れてからというもの、この「Time Warp /タイムワープ機能」にハマっています。

シンプルな操作で動的なタイムラプスが撮影できる

カメラを三脚などに固定して一定間隔ごとに写真を撮るタイムラプスとは違って、動きのある動画が”カンタン”に撮れるのです。

従来のタイムラプスでは一定間隔ごとの写真を何百枚と撮影して、それをパソコンソフトで編集して一つの動画を作成するという、なんとも面倒なプロセスを踏まなければなりませんでしが、GoPro HERO7 Blackのタイムワープはとてもシンプル。

Gopro-timewarp-09820
GoProHero7のメニューでタイムワープモードを選んで撮影するだけ。あとは自動的にGoPro側が処理してくれます。

超強力な手ぶれ補正のおかげ

これだけ滑らかなタイプワープが撮れるようになったのは、GoPro HERO7 Blackで進化した超強力な手ぶれ補正「HyperSmooth」のおかげです。

通常の道路を撮影するだけでも、魔法のじゅうたんに乗っているような不思議な感覚を与える動画に仕上げることができますが、

ハイキング道などくねくねした道だとさらにスリリング!!ジェットコースターに乗っているような勢いのある面白い動画になります。曲がるときはドリフトしてるみたいな。

↓ 20秒くらいからのハイキング道、かなりくねくねとしてますが、動画はとても滑らかです。

タイムワープの速度設定

Gopro-timewarp-09819
タイムワープの速度は、2倍、5倍、10倍、15倍、30倍から選択可能。2倍なら1分間の動画が30秒、5倍なら1分間の動画が10秒程度になります。

歩いて撮影する場合は10倍あたりが滑らか且つ、スピード感のある動画が撮れるので一番多用していますね。自転車などの場合は15倍、30倍あたりがオススメです。

GoProタイムワープ録画長さ

手ぶらで撮影できるクリップマウント

360°回転式 クリップマウントをバックパックなどに取り付ければ、手ぶらで撮影可能。登山やハイキングなどにも最適です。タイムワープ撮影するなら揃えておきたいアイテム。

GoPro Hero7

その他 GoProのタイムワープ機能を使った動画