GoPro Hero7 Black タイムラプスでのバッテリー持ち時間

Gopro hero7 20190421_170942-2

アクションカメラ GoPro Hero7 Black

使っていくうちに気になってくるのがバッテリー問題。GoProはアクションカメラという特性上、使い方や設定などでバッテリーの持ちが変わってきます。公式サイトには、代表的なバッテリーの持ち時間が記載されていて、「ビデオ撮影 4K/60fpsだと45〜50分」、「ビデオ撮影 4K/30fpsだと85〜90分」というように設定によって連続撮影時間が異なります。

公式サイトに記載されている連続撮影時間
フル充電されたバッテリーを使用して、各種ビデオ モードで撮影したときのおおよその時間はこちら。

4K60 45~50 分
4K30 85~90 分
2.7K60 (4:3) 60~65 分
2.7K120 30~45 分
1440p120 50~55 分
1440p60 70~75 分
1080p240 35~50 分
1080p120 40~55 分
1080p60 85~90 分
960p240 75~80 分
960p120 80~85 分
720p240 85~90 分

バッテリーは充電式リチウムイオンバッテリーで、1220 mAh、4.40Vです。

タイムラプスでの連続撮影時間は?

ビデオでの撮影時間は上記でだいたいの目安はつきますが、タイムラプスではどうなの?ということで実際に撮影してみました。

タイムラプスフォト」に設定、撮影間隔を5秒にしました。

バッテリー残量は90%からの撮影スタートです。

30分撮影して、360枚の写真を撮影しました。この時の残りのバッテリーは70%

さらに30分撮影して、360枚の写真を撮影しました。この時の残りのバッテリーは50%

合計撮影時間1時間、撮影枚数にして720枚でバッテリー消費量は40%です

感触としては、5秒設定だと2時間くらいはいけそうかなと。ただし、あくまで目安と考えてください。

GoPro Hero7