Galaxy Note9の充電時間を計測した結果

note9-09589

サムスンのスマートフォン Galaxy Note9の充電時間を計測してみました。

Note9は背面がガラスになっており、スマートフォンを置くだけで充電ができるワイヤレス充電 Qi規格にも対応していますが、今回計測したのは有線です。

使用した充電アダプタは、ANKERのPower Port+ 1 with Quick Charge3.0 です。USBケーブルでNote9本体と繋ぎます。

Galaxy-Note9-satechi-09663
バッテリーが10%になってから充電スタート。SatechiのUSBパワーメーターで電圧と電流値をモニターします。充電始めは9V、1.5Aの電流が流れているのがわかりますね。

Galaxy Note9 Charging
結果、バッテリー10%から100%になるまでの時間は100分でした。青い線は何%充電できたかを示すラインです。10%から80%くらいまではほぼ直線、80%以上はなだらかになってますね。

赤い線は第2軸の電流値です。80%までは1.5A流れていましたが、80%からは徐々に下がり始め、最終は0.3Aになりました。

電圧はずっと9Vなので、電流値が高いほど早く充電ができ、電流値が低いと充電が遅くなります。

ただ、バッテリーが80%以上になっている時に、高い電流を流してしまうとバッテリーにダメージを与えてしまうので、そうならないように80%以上になると電流値を下げているのですね。

80%までの充電は早いけど、80%から100%までは時間がかかるというのが、モニターしてよく分かりました。

80%までなら1時間程度で充電できます。ワイヤレス充電も使ってみたいですが、今はまだ充電時間優先かなと。