ZAMSTのインソール Footcraft(フットクラフト)初心者にもおすすめ

Zamstインソール-01183

ランニングシューズのインソールを初めて購入しました。

メーカーサイトや口コミ、レビューなどを見ていると、SIDAS ラン3Dの評価が高く一番の候補かなと思いながら、スポーツショップへ行ってきました。

お店で、店員さんに話を聞いたり、実際にインソールに乗ったり、バランステストや、足の計測までしてもらっていると、

SIDASのラン3Dは、なんとなくしっくりきません。硬くて、足にフィットしないから違和感が残るような、、、高級インソールってこんな感じなの?というイマイチな反応をしていると、

「じゃあ、こちらはどうですか?おすすめですよ。」と出してくれたのは、ZAMST(ザムスト)のインソール Footcraft

日本の医療メーカーによるインソール

日本シグマックスが生み出したブランドのザムスト。

このインソールは2017年11月に発売開始されたばかりの新しい商品です。実際に試してみると、安定性やフィット感が全然違いました。

店員さんによれば「他のメーカーのインソールで足が痛くなる人もザムストなら大丈夫な人が多い。最近、評判が良い」とのこと。

Zamstインソール-01193
インソールは、踵を包み込み、土踏まず箇所がアーチ形状になってます。これにより「優れたフィット性」「高い安定性」「しなやかなサポート」を実現。

Zamstインソール sp_photo03
アーチタイプは3つのタイプから選ぶことができます。実際にお店で測定してもらい、ミドルタイプを選びました。アーチの選び方はこちらのページで参照できます。アーチタイプの選び方

最適なタイプが選ぶことで、既製品でありながらもオーダーメイドのような優れたフィット性を感じることができます。

Zamstインソール-01191
裏側はコアスタビライザーと、しなやかにサポートするフレキシブルホルダー。

Zamstインソール-01208
踵部分は柔らかく、弾力があります。

さっそく走ってみた

Zamstインソール-01218
ランニングシューズに入れて、さっそく走ってみました。元々入っていたインソールと感触が全然違います。安定性が段違い。

いつも走っているランニングコースは、大阪城公園。1周3.6kmのコースを3周してます。距離にして11kmです。

Zamstインソール グラフ
今の目標は、11kmを60分以内に走ることなのですが、なかなか切れません。

インソールを新しくして、ベストタイムがでるのか?60分を切ることができるのか?

11kmラン、5回目のトライをしてきました。

インソールの感触

Zamstインソール-01226
走っている時に感じたのは、安定性がこれまでと全然違います。芯がブレません

まっすぐに引かれた直線の上を走っているような感覚です。フィット感はとても良く、ふらふらするような事はありませんでした。まっすぐに足が動きます

足の形状と、インソールのアーチの形状がマッチしているためか、体の支持はとても安定していて、走っている時の蹴り上げや、着地の動作もやりやすいです。ランニングフォームが綺麗になったような気さえしてきます。

公式サイトを見ていると、このインソールはランニング専用というわけでなく、他のスポーツ、サッカーやバレーボールなど激しい動きも想定していて、

ランニング用としてはもう少し硬くてもいいかな?なんて思ったりしましたが、あまり硬すぎると足が痛くなりそうな気もしたり。この辺りは、実際に色々なメーカーのものを使ってみないと分からないですね。

ただ、このザムストのインソールは、適度なクッション性や柔らかさがあるため足に痛みを感じる事もなく、快適な走りをサポートしてくれているように感じました。

ザムストのインソールの効果は!?

Zamstインソール タイム
11kmランの結果は、59分56秒!!

60分を切ることができました!!1kmあたりのペースは、5分28秒です。

これまでより1分半も記録を更新することができました。

このペースを保てれば、フルマラソンは3時間51分!サブ4を目標にしたいです。

ZAMST(ザムスト)Footcraft