アシックスストア はじめてのFoot IDで足の計測と分析の結果選んだランニングシューズ

asics foot id-1

新しいランニングシューズを買いにアシックスストアへ行ってきました。場所はグランフロント大阪の3階です。

国内ではトップシェアのアシックス。日本人の足に合うランニングシューズを作っていると定評があります。これまではナイキのランニングシューズを履いていたのですが、ずっと試してみたいと思っていたメーカーです。

アシックスストアでの計測、分析サービス「Foot ID」

アシックスストアでは、Static Foot ID、Dynamic Foot IDという2種類の計測が可能です。

  • Static Foot ID:足をスキャンして足形を計測する
  • Dynamic Foot ID:ランニングマシン上を走り、ランニング時の足の運びを撮影し分析

Static Foot IDは無料。Dynamic Foot IDは有料(2,000円)ですが、5,000円以上の買い物をすると測定料金が無料になります。この日は元々ランニングシューズを購入予定だったので、2種類の測定をお願いしてみました。

アシックスの計測サービスについてはこちらから

Static Foot ID

asics foot id-2
まずは足形測定。機械に足を入れて、スキャンします。足長から、足囲、アーチ高など7つの項目が一瞬にして測定可能。これを片足ずつ実施。

Dynamic Foot ID

asics foot id-3
その後は、ランニングマシン上で実際に走り、足の動きをカメラで撮影しますが、、、実のところ、ランニングマシンに乗るのは今回が初めてです。

初めはゆっくりと歩くようなペースで動きます。バランスを取るのが本当に難しくて、気を抜くと直ぐにこけそうになります。手すりをしっかりと持って、転倒しないようにします。徐々にスピードが上がっていき小走りでないとついていけません。

隣では、ストアのお姉さんが「いけそうですか?初めは怖いと思うので、徐々に慣れていってくださいね」

僕「わかりました」

しばらくして、ストアのお姉さん「もう少しスピードを上げますね」

僕「わかりました」

ストアのお姉さん「大丈夫ですか?」

僕「大丈夫です。手すりから手を離した方がいいですか?」

ストアのお姉さん「そうですね。大丈夫そうなら、手を離して、前を見て走ってください」

僕「わかりました」

手すりから手を離した瞬間、、、ドッタタダダダダダッッッ!!

ストアのお姉さん「あっ、、、(絶句)」

Foot IDの測定結果

asics foot id-4
ランニングマシンでの出来事はなかったことのようにして、測定結果の説明を聞きます。

測定でわかる項目は、足長や、足囲、かかと幅、足高、アーチ高、かかとの傾斜角度、第一趾側角度の7つの項目。

足を正確に、測ったことなんてこれまで一度もなかったので、とても興味深かったです。左右でサイズが若干違ったり、ずっと外反母趾だと思っていたのが、数値上はそうでもなかったり。

asics foot id-5
Dynamic Foot IDでは、プロネーションタイプを測定。こちらも左右で異なります。右はニュートラル、左はオーバープロネーション。これまで履いていた靴は左足かかと外側の擦り減りが顕著でした。これも測定結果通りです。

足のタイプがわかったところで、実際の靴選びへ。

提案されたランニングシューズ

こちらからの希望は、

フルマラソン、サブ4達成に向けてのランニングシューズ。ただ、最近は走った後に足裏が痛んだりする。今後、さらに長い距離を走ろうとしている中、故障リスクをできるだけ低減させたい。スピードに乗れて、且つ足を衝撃から守るような靴が良い。

ストアのお姉さんは「可能であれば、レース用とトレーニング用でシューズを分けた方が良い」と勧めてくれましたが、今の僕のレベルでは、そこまでは、、、ちょっと、、、ランニングシューズも高いですしね。。というのが正直な気持ち。

まずは持ってきてくれたのは、GELFEATHER GLIDEとGEL-KAYANO 24です。

GELFEATHER GLIDE

履いてみて、ストア内をジョグで1周してみました。軽くて、とても走りやすそうです。安定感のあるフラットソールを採用しているとのこと。ですが、適度なクッション性はあるものの、足への衝撃がダイレクトにくると感じました。反発力はありそうですが、長距離を走ると足へ負担が大きくなりそうな気がします。今回の目的とは、そぐわないかも。

GEL-KAYANO 24

続いては、GEL-KAYANO 24。こちらは初心者向けのランニングシューズです。履いて、ストアを1周してみると、そのクッション性の高さを十分に感じます。これなら足を守ってくれそう。と思いつつ、、、足を入れた時に、足指と土踏まずの間の腹の部分に突起というか、段差を感じます。ソールの段差でしょうか?

その違和感があるため、履き心地が良いとはいえず、、、クッション性は良いのですけど。あくまでも個人的な履き心地です。製品が悪いというわけでなく、足とのマッチングだと思っています。

GEL NIMBUS 20

次いで持ってきてくれたのが、最もクッション性が高いNIMBUS。確かに履いてみると、ものすごく柔らかいです。足を入れてすぐに分かりました。これだと足の負担はグッと減りそうです。KAYANOと並び、アシックスを代表する初心者ランニングシューズのようです。

ストア内を1周してみても、そのクッション性がよく、足の感触も良いです。が、、、重いです。さすがに重いです。トレーニング用と割り切るには良いかもしれませんが、走っていると沈み込む感覚があるので、スピードには乗りにくそうな印象です。

どれも一長一短ありますね、迷います。と、わがままを言っていると、もう一足持ってきてくれました。

GT-2000 New York

クッション性と軽量性のバランスが良いとされるNEW YORK。フルマラソン サブ5を目指すランナー向けのランニングシューズです。

履いて、ストアを1周して見ると(他のお客さんからは、あの人何周するねんって思われていたはず)、

確かにバランスがいいです、今履いているナイキのシューズよりクッション性がありますが、十分に軽量で走りやすそうです。足を入れた感触、フィット感、安定性も良いです。

これに決まりですね。

GT-2000 New Yorkを購入

asics foot id-6
GT-2000 New Yorkを購入しました!カラーは無難に黒にしました。これでトレーニングに励みたいと思います!!

追記:こちらのページでGT-2000 New Yorkのレビュー記事書いています。

>>アシックス GT-2000 New York 6を購入