大阪の観光名所「通天閣」の撮影にオススメする10の写真構図

通天閣撮影ポイント-4

大阪の観光名所「通天閣」の撮影ポイントをまとめてみました。

大阪の観光スポット「通天閣」

大阪ミナミの南東に位置する新世界。場所によっては危険地帯ではありますが、昔ながらの下町風情ある街並みは大阪の観光スポットのひとつです。

新世界の中心部に建つ通天閣はこの一帯のシンボルでもあり、この100年間の間、多くの人に親しまれてきた展望塔であります。

今回はそんな通天閣の写真を撮るための撮影ポイントをまとめてみました。(それぞれの撮影マップは記事の一番下にアップしています。)

【1】定番構図

SONY DSC
串カツ屋が並ぶこの通りは新世界の賑やかさをいちばん感じれる場所です。観光客が必ず写真を撮る定番構図でもありますね。

2014102516
夜はこんな感じ。通天閣の日立ネオンが一段と目立ちます。

201410252
この通りは串カツ屋さんをはじめ、沢山のお店が並んでいるので看板などと一緒に撮ってみても面白いかもです。ここならではの看板がきっと見つかるはず!

【2】Two天閣

通天閣撮影ポイント-5
カメラを壁に近づけて撮影すれば、反射を利用したTwo天閣が撮れます。場所は、通天閣の南にあるスパワールドの階段。この階段は「Two天閣スポット」になっていたり。それにしてもネーミングがね、実に大阪的なのですよね。

【3】見上げる通天閣

通天閣撮影ポイント-6
通天閣を間近で見上げる構図。明るい環境で撮るとレトロ感がたまりません。

【4】北側「SINSEKAI」看板

通天閣撮影ポイント-7
通天閣の北側にある春日通りの「SINSEKAI」看板。通天閣と一緒に撮ることで昭和感あふれる写真に仕上げることができます。ちなみに新世界の新は「SHIN」じゃなくて「SIN」になっているよう。

【5】西側「SINSEKAI」看板

通天閣撮影ポイント-2
こちらは西側の堺筋通りからの通天閣。こちらの「SINSEKAI」はライトがつくので夜もおすすめ。

【6】通天閣の時計

2014102519
あまり見られない角度ですが、通天閣を動物園のある東側から見ると時計が掲げられています。「Inspire The Next」という英字仕様の通天閣もちょっと新鮮だったり。

【7】本通看板と通天閣

通天閣撮影ポイント-3
本通商店街のネオンと一緒に。こちらも夜の方がおすすめです。赤い文字がとても印象的であります。

【8】夕日と通天閣

通天閣撮影ポイント-8
逢坂2丁目の歩道橋からの通天閣。方角的に夕日と一緒に写真が撮れるスポットです。夕日撮影するにはこの場所が一等地です。

【9】阿倍野ハルカスと通天閣のツーショット

DSC06178_2
阪堺線恵比須町駅の横から通天閣とハルカスのツーショット。通天閣とハルカスは近くにありながらも一緒に撮れる場所は少ないのですよね。貴重な撮影ポイントです。

【10】月と通天閣

201410253
撮影ポイントと言うより、時間やタイミングの問題でもありますが、通天閣と月はとてもお似合い。

撮影地マップ

通天閣撮影地マップ

如何でしたでしょうか?通天閣を切りとる場所や時間によって表情は様々です。是非、お気に入りの通天閣写真を撮って頂けたらと。

スポンサーリンク