まるでアフリカのサファリ!!大盛況の「天王寺動物園 夏のナイトZOO」へ行ってきた

天王寺動物園ナイトZOO-DSC00927

天王寺動物園 夏のナイトZOOへ行ってきました。

ナイトZOOは、通常17時迄の開園を21時まで延長し、夜間の動物園を楽しめるというものです。橋下徹前大阪市長の肝煎り事業で、昨年の2015年より夜間開園が実施されました。

昨年のナイトZOO期間中の来園者は13万人。入場規制がかかるほどの盛況ぶりだったそう。

天王寺動物園ナイトZOO-DSC00940
多くの人が来園したという事ですが、夜は動物たちにとっても身体を休めたり寝たりする時間なので、ナイトZoo自体どうなのかなと正直思っていました。寝ている動物を眺めるだけ?みたいな。

期待と不安が混じりながらも、やって来たのは週末のナイトZOO。

天王寺動物園ナイトZOO-DSC00941
さっそく見たのは、大人気のレッサーパンダ。夜行性だったのですね。けっこう動き回ってます。

天王寺動物園ナイトZOO-DSC00939
ペンギンもいました。このペンギンがどうかは分からなかったのですが、ペンギンのなかにも夜行性の種類があるらしく。

天王寺動物園ナイトZOO-DSC00935
エゾシカ。こちらも夜行性です。

天王寺動物園ナイトZOO-DSC00949
ジャガー。名前はジャガオ。一直線に見られてます。

たまたま隣にいた人が「あいつ絶対俺の事見てるで!」なんて言っていましたが、違います。ジャガオは僕の事を一直線に見ているのです。そう思っていたら、後ろにいた人が「ジャガオと目が合った!」なんて言っていました。視線はいつも人気ですねw

天王寺動物園ナイトZOO-DSC00932
園内の至る所から見える通天閣。すごい近未来的な感じで。

天王寺動物園ナイトZOO-DSC00954
こちらはアフリカ、サバンナゾーン。この場所がすごく良くて、刻々と移り変わる照明と園内に鳴り響くアフリカンパーカッションの音が、アフリカのサファリにいるような感覚を覚えるほど。左側に東横INの看板がチラッと見えてますが、ここはまぎれもなくアフリカです!

天王寺動物園ナイトZOO-DSC00956
ライオンは向こうを向いてます。ライオンの視線の先には、

天王寺動物園ナイトZOO-DSC00960
シマウマ。いつもライオンに見つめられているシマウマです。

天王寺動物園ナイトZOO-DSC00973
サイ。こちらも夜行性だそう。

天王寺動物園ナイトZOO-DSC00978
カバ舎。ものすごく雰囲気が良い。でもカバは見つけられませんでした。こちらも夜行性なので、どこかにいるはずなのですが。

天王寺動物園ナイトZOO-DSC00985
ゾウは室内にいました。

天王寺動物園ナイトZOO-DSC00991
そしてこちらは天王寺動物園の人気者。

天王寺動物園ナイトZOO-DSC00996
いました!顔だけでてるホッキョクグマ!!

天王寺動物園ナイトZOO-DSC01025
可愛かったり、かっこよかったり。役者ですね。

Tennoji-night-zoo800-optimize
夜も元気にずっと動いてました。

天王寺動物園ナイトZOO-DSC00976
ナイトZOOは21時迄。ほたるのひかりの元、帰るとしましょう。

ナイトZOO、ほんとに良かったです。今あまり意識していなかったですが、夜行性の動物って結構いるのですね。ここに紹介できなかったものも沢山あります。

アムールトラやキリンなどもいましたが、見るためには長蛇の列に並ばないといけなかったので諦めたほど。

さすがに完全な昼行性の動物は、展示がないので昼間よりも動物の数、種類は少なくなりますが、それでも十分に楽しめます。

それにナイトZOOって単なる動物園の時間延長だけでなく、視界が暗い中で照明やBGMを効果的に取り入れる事で、ほんとうにアフリカのサファリにいるような感覚でした。動物園にいる事自体がひとつの体験と思えるほどでほんと楽しかったです。

天王寺動物園 ナイトZOO

天王寺動物園HOMEPAGE

開催日は、平成28年7月29日(金曜日)、30日(土曜日)、8月5日(金曜日)、6日(土曜日)、12日(金曜日)から15日(月曜日)、19日(金曜日)、20日(土曜日)。時間は21時まで。

スポンサーリンク