東洋のベニスと呼ばれた大阪堺を歩く。旧堺燈台からサルのいる大浜公園まで

DSC08532
大阪の堺は、人口80万人の政令指定都市です。最近ではシャープが大きな工場を建設したりと工業地域の色合いが強いですが、かつては自由都市として東洋のベニスと呼ばれていたところです。

DSC08389
南海本線の堺駅を下りて5分ほど歩くと、すぐに海です。

DSC08390
以前は港として機能していた堺港も、現在ではヨットハーバーやプロムナードとして整備されています。散歩をしていると海からの風がとても気持ちよい場所。

DSC08395
この一帯は、東洋一の水族館があったことでも有名であり、その水族館前に設置されたのが「龍女神像」。乙姫さんと親しまれたこの像は平和と繁栄のシンボルだとか。

DSC08405
乙姫さん「いいね」

DSC08410
遊歩道を歩いて見えてきたのが旧堺燈台。

ですが、ひとまず通りすぎ向かったのは燈台のすぐ隣にある、

DSC08432
大浜公園。明治に行なわれた内国勧業博覧会の会場にもなった、堺市営で最も古い公園となります。

今では体育館やプール、テニスコートや相撲場まであったり。

DSC08472
そんな公園にあるのは、まさかの猿舎?サル?市営の公園にサル?ってまさか。

DSC08436
近寄ってみると、やっぱり猿舎でした。1、2匹ではありません。飼育しているサルは約50匹。

DSC08441
いるのはアカゲザルという種類。

DSC08446
子供もいました。

DSC08453
とても不器用なサル。

DSC08457
なかなか上手く掴めませんが、

DSC08447
なんとか頑張っていたり。

DSC08474
公園内には山もあります。一等三角点のある山としては、日本一低いそてつ山

DSC08478
上りはじめたらすぐに登頂できるほど。なんたって標高は7メートル。

DSC08506
もどってきた旧堺港燈台。小さな白い洋式燈台です。

DSC08510
燈台の横には大きな壁画。

DSC08516
海を越えて堺へ来た人たちが描かれています。黄金の貿易港時代を垣間みれる壁画ですね。

DSC08548-2
この燈台は夕日スポットとしても有名。

DSC08542
港の美しい風景が広がっていて、カメラを持って散策するにはちょうど良いところです。夕暮れ時に太陽に照らされた海の色がとても魅力的でした。

旧堺燈台

スポット詳細:旧堺燈台|堺観光ガイド

スポンサーリンク