α6000高感度テスト。ISO12800固定で撮影してきた

α6000高感度ISO12800-13

昨日の記事に引き続きSONY α6000の高感度テストです。今回はISO12800固定で撮影してきました。

SONY α6000の高感度テスト。ISO感度別に撮影してきた | SITE2913

撮影サンプルはこちら。ISO12800固定の写真です。

レンズはキットレンズのE PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSSです。
撮影は、絞り優先モードでF値は5.6固定。ISOは12800固定。WBはAUTO、レタッチなどはしていないJPEG撮って出しです。

α6000高感度ISO12800-12

α6000高感度ISO12800-1

α6000高感度ISO12800-2

α6000高感度ISO12800-3

α6000高感度ISO12800-5

α6000高感度ISO12800-4

α6000高感度ISO12800-6

α6000高感度ISO12800-9

α6000高感度ISO12800-8

α6000高感度ISO12800-7

α6000高感度ISO12800-10

α6000高感度ISO12800-11

ISO12800でもシーンによってはそれなりに写るのかなと思いつつも、やっぱりノイズや解像度の観点からはできる限り使いたくないですよね。こういうのはどれくらい許容するかという判断になるかと思いますが、個人的には上限をISO6400か、それ以上に挙げたとしても10000以内。12800はほんとに緊急用というくらいの位置づけでもいいのかなと思いますね。

あとは、写真をパソコンで大きなサイズで見た時の印象と、写真を撮りながらα6000の背面モニターで見た印象がそう変わらないのかなと、撮っている時にノイジーだと思ったのはパソコンで見てもノイジー(当たり前ですが。。)。撮っている時に”このシーンだといけそう”と思ったものはパソコンでみても許容範囲内だった。みたいな感触があるので、ある程度は撮影時の判断で決めれそうかなとも思ってます。

α6000の高感度が思っていた以上に良かったので、少し欲張ってしまいましたが、6400でも上げれたら十分な気がしますね。最近のカメラの高感度はほんと優秀なのですね。

【送料無料】ソニーα6000 パワーズームレンズキット(ブラック/デジタル一眼) [ILCE6000L]

価格:
76,237円

(2014/09/08 22:54時点 )

スポンサーリンク