SONYミラーレス一眼α6000を購入!!

SONY DSC

SONY α6000を購入しました。

実のところ4年ぶりのカメラ購入です。今まではSONYの初期NEXを使っていて、そこからの乗り換えとなります。

さすがに何世代も経過しているため、カメラ自体の進化を感じるところが多々ありますね。

まだまだ使い始めなのですがファーストインプレは良好。一部気になった点もありますが、概ね満足です。

SONYα6000の代表的な仕様は

新開発の2430万画素イメージセンサーを搭載。
画像処理エンジンは最新のBIOZ X。
位相差とコントラスト方式を併用するファストハイブリッドAF搭載。AF時間は世界最速0.06秒。
最高11枚の高速連射が可能。
新しい光学設計のファインダーは144万画素の0.39型。
液晶は野外でも見やすいよう白画素を追加したホワイトマジック液晶。3型92万ドット。
フルHD対応の動画撮影機能。
ダイヤルや2つのカスタムボタンでスムーズな操作が可能。
WiFi/NFC対応。プレイメモリーズアプリ対応。
ボディ重量は285g、小型軽量で持ち運びも楽々。

これ以上にも特徴はありますが、代表的なものはこんなものじゃないかなと。どれもほんとに魅力的で写真を撮る楽しみがさらに増していきそうな気さえします。

α6000 | Eマウント | デジタル一眼カメラ α(アルファ) | ソニー

SONY公式サイトはこちら。

α6000の外観写真とファーストインプレ

SONY DSC
外観はこんな感じです。ボディはブラックを選択しました。

購入したのはレンズキットでE PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSSが付属。35mm換算では24mmから75mmまで。F値は決して明るいレンズではないですが、軽量小型であってパワーズーム搭載なのもいいです。

上部はダイヤルなどの出っ張りないフラットなデザイン。デザインのとこは好みが分かれるところかもしれないですが、個人的には気に入っていますね。

グリップも持ちやすく小型でありながらホールド感は良好。
ファインダーは、144万画素。前機種よりもスペックダウンした部分ではありますが、新しい光学設計のファインダーはとても見やすくて綺麗だと感じましたね。

前機種のファインダーより解像度は低下している感はあるものの問題なく使えそうな印象です。(今までファインダーというものを使っていなかったので、ほんとに感触程度ですが。。)

モニターは、92万画素のホワイトマジック液晶。4年前のNEXも92万画素で野外ではそれなりに見えるかなっていう印象だったのですが、それに比べてα6000は、、、ちょっと良くなったかなという程度。日中での見やすさがもっと改善されているかなと思いきや、、、少し期待しすぎた感もあったかも。。まあファインダーがついているので、いいとしましょう。

各種ボタンが豊富にあるのも操作性がよく、ファンクションボタンがあったり、カスタムボタンが二つあったり、ダイヤルがあったりで直感的に使えていきそうです。

あと、WiFi/NFCを搭載してます。スマホへ写真を転送したり、リモートコントロールができたりといろいろと遊べそうな機能が満載です。もちろんアプリにも対応。

α6000試し撮り

まだ数えるほどしかとっていないので何なのですが、ほんとに使いやすいカメラだと感じますね。何よりもAFが前のカメラよりも断然に速くなりました。謳い文句である「最速のAF」効果はほんとにすごいと感じるほど。

AF速度が速いと撮影もとてもスムーズで、従来のコントラストAFでは逃していたものが撮れたり、撮影中の自分のテンポを崩されることなく写真を撮っていけるのがすごく気持ちいいです。

ただ、あくまでも条件つきですね。傾向としては、日中の明るい場所であればAFも速いですが、少し暗い場所や、レンズの最短距離以上であっても近い被写体の場合は、コントラストのみの作動?と思えるくらいにAFが迷ったりすることも。

ミラーレスカメラも年々進化していますが、AFが全ての条件において一眼レフと同等になるにはまだもう少しかかるのかなという印象です。でも、だからといってα6000のAFが悪いわけではなく、これはこれで十分に速いですし僕個人としては概ね満足ですね。

そんなα6000で撮った写真を数枚だけ。

sony_α6000テスト-1

sony_α6000テスト-2sony_α6000テスト-3

sony_α6000テスト-4

レンズはキットレンズを使用です。最後の一枚はjpeg撮って出し。それ以外はライトルームで現像しています。(なのであまり参考にならないかも。。)

まだまだ使いはじめなので、もうちょっとちゃんとしたサンプル撮影をして再度写真をアップしていこうかなと思っています。次の週末くらいにまた撮影テストをしてみようかなと。

スポンサーリンク