【大阪ミナミ】路地裏にのこる浪速風情!法善寺の夜の風景を撮影してきた

法善寺横町-18

大阪なんば、法善寺の夜の風景を撮影してきました。

繁華街の一角にある小さなお寺、水掛不動尊 法善寺

法善寺横町-1
道頓堀と千日前のちょうど間に小さなお寺、法善寺があります。

法善寺横町-2
西向不動明王と書かれた石碑。法善寺のシンボルである水掛不動尊のこと。ちなみに不動尊と不動明王は呼び名が違うだけです。

法善寺横町-3
こちらが水掛不動尊。小さなお寺にも関わらず、毎日たくさんの観光客が訪れています。

法善寺横町-4
昼夜問わず線香の匂いにつつまれている法善寺。

法善寺横町-5
不動明王はこの奥に鎮座。

法善寺横町-6
こちらが不動明王。商売繁盛や恋愛にご利益があると言われていますが、不動明王はどんな願いだって聞いてくれます。

法善寺横町-7
ある女性が不動尊に水を掛けたことから、参拝客は水を掛けお参りするようになったよう。怖い顔をしているはずの不動明王も今では苔に覆われ、やさしい印象さえも感じるほど。

法善寺横町-8
脇のお地蔵さんも同じように苔に覆われてますね。

航海の守護神、金比羅堂

法善寺横町-10
法善寺の隣にあるのは金の文字が印象的な金比羅堂。

法善寺横町-11
こちらは、海や船の神様と呼ばれているところです。

法善寺横町-12
金比羅堂にあった小さなお地蔵さん。

法善寺の周辺

法善寺横町-13
こちらも法善寺のすぐ脇にある夫婦膳哉。映画のロケ地にもなったところです。
夫婦善哉 (映画) – Wikipedia

法善寺横町-14
法善寺の奥には参道があり、千日前の商店街に抜けることができます。ちなみに千日前の由来は、法善寺の千日念仏からきているそう。

法善寺横町-15
参道の右手側は、その昔には墓地、刑場になっていたそうな。

法善寺横町-16
天龍山 法善寺。小さいながらも雰囲気はとても良いところです。

ミナミの下町、法善寺横丁

法善寺横町-17
法善寺からひと一人がやっと通れる小さな路地を抜けると、

法善寺横町-18
そこに法善寺横丁があります。横丁の看板は、西側入り口は藤山寛美によって書かれたもので、東側には桂春団治によって書かれた看板が掲げられています。

法善寺横町-19
法善寺横丁は、長さ80m、幅3mの小さな路地で、

法善寺横町-20
お洒落なバーや小料理屋などが60件ほど連ねています。

法善寺横町-21
昔ながらの石畳はとても温かく、賑やかなミナミの街とは思えないほどの雰囲気がありますね。まさに都会の喧噪を離れた場所です。

法善寺横町-22
横丁には、リーズナブルなお店もあるにはありますが、

法善寺横町-23
少々値がはるところも多々あったり、

法善寺横町-24
中には会員制のバーなどもあったりします。

法善寺横町-25
法善寺横丁から道頓堀に抜ける浮世小路。

DSC02343
浮世小路も1人通るのがやっとです。この周辺はほんとに小さな路地が多いのですよね。

法善寺横町-26
雨がよく似合う、法善寺横丁。

法善寺横町-27
横丁を抜けて、心斎橋筋商店街に向かうところには、

法善寺横町-28
法善寺こいさん通りが。こちらも居酒屋や割烹料理屋などのお店が並んでいるところです。

地元の人たちはもちろん、観光客にもとても人気のある法善寺。賑やかなミナミとは打って変わって、落ち着いた浪速の風情を感じれるところです。

法善寺

大阪千日前 水掛不動尊 法善寺

スポンサーリンク