夏の終わりを彩った大阪守口市70周年記念事業「守口市花火大会」

守口市花火大会-DSC01937

先週に引き続き、今週も行ってきました。

大阪 守口市市制施行70周年を記念した花火大会です。

場所の確保もあり、現地の淀川に着いたのは花火開始の2時間前です。今回の守口市花火大会で打ち上げられる花火は、約5,000発。先週の猪名川とほぼ同じ規模ですね。

先週の猪名川の混雑の様子から、この規模だと1時間前には結構埋まるので、1時間半から2時間くらい前には場所を確保しておきたいと考えて、花火開始の2時間前に現地に着いたのですが、

守口市花火大会-DSC01879
拍子抜けするほどにガラガラでした。。まあ、はやいですしね。

守口市花火大会-DSC01883
淀川の対岸は、結構埋まっているっぽい。少し分かりにくいですが、川の向こう側はそれなりに密度が高いような感じです。

ちなみに対岸側はメイン会場です。有料の席があったり、地下鉄谷町線の駅に近かったり、アクセスしやすいので人も多いのですよね。

それに対して、僕がいるのは淀川の北側。人の少なさはすごく快適。穴場ですね。淀川が広いっていうこともあり、時間ギリギリできても全然大丈夫な感じです。

守口市花火大会-DSC01898
時間は19時30分、花火大会がスタートしました。守口市の夜を彩っていきます。

守口市花火大会2016-2
5,000発の花火は見応え十分。どんどんと打ち上げられていきます。

守口市花火大会2016-1
夏の最後にふさわしいです。ほんと綺麗でした。

守口市花火大会-DSC01997
迫力のクライマックス。ドンッという低音が身体に響く感覚がすごく久しぶり。あまりの迫力に写真は白とびしてしまいました。花火撮影はこのあたりの設定が難しいですね。

ちなみにこの日、少し離れた枚方方面でも大きな花火が上がっているのが見えたのです。

守口市の花火大会?打ち上げ場所が複数ある?でも、それにしては場所が離れすぎてる。と思っていたら、

こんなイベントをしていたみたいです。

枚方の淀川河川公園でサプライズの打ち上げ花火 「くらわんか花火大会」復活目指す – 枚方経済新聞

シークレットで行われた「くらわんか花火大会」復活へ向けた動きのようです。くらわんかは、財政難により2004年に廃止された花火大会です。ちょうどこの日、10分間のみ大きな花火が打ち上げられました。2018年の復活開催を目指しているよう。

守口市花火大会-DSC01990
この日風が強く、開始を待っている間、少し寒いくらいでした。もうすぐ秋ですね。夏はやっぱり短いです。

花火は秋をイメージするススキのように見えたりも。

スポンサーリンク