モノクロ撮影のススメ。縛りが写真を上手くさせる

モノクロ縛り4

写真部の活動、今日は「モノクロDAY」です。その名の通り、今日はモノクロ写真を撮る日です。

「モノクロDAY」にカラー写真は認められません。今日に限ってはカメラ設定を”モノクロ”にして写真を撮ります。

モノクロ縛りだからこそ、いつもと違う写真、いつもと違う撮り方がきっとできるはず。

さあ、カメラ設定を”モノクロ”にして街に出よう!!

大阪天満宮

SONY DSC
先ず、やってきたのは学問の神様を祀る大阪天満宮。天神さんとも言われ、夏の「天神祭」は日本三大祭りのひとつとして知られているところです。

上の写真は、本殿と参拝者。カラー写真だと地味になるところも、モノクロにすることでダイナミックな明暗が生まれました。

モノクロ縛り1
サイドから光を受けた狛犬。モノクロ撮影において、光の向きはとても大切です。一方向からの強い光がある状態、それがモノクロ映えする光線条件となります。モノクロ写真におけるテクニックのひとつです。

天神橋筋商店街

モノクロ縛り3
光と影、そしてメインの被写体も影。モノクロは被写体を強くします。色がないために被写体の強さが増し、印象的になるのです。

モノクロ縛り5
モノクロ写真を撮っている人をモノクロで写すという遊び。

中之島

モノクロ縛り7
緑あふれる穏やかな中之島公園ですが、時にモノクロは実体感のない空間を生み出します。

モノクロ縛り8
観光船と中央公会堂。モノクロは時代の感覚さえも狂わせます。もしかしたら今はまだ昭和かもしれません。

モノクロ縛り10
モノクロは、シャープな描写でも、甘い描写でもどちらでもマッチします。色がないからこそ、ストーリーを感じやすい写真になります。

SONY DSC
モノクロとレトロな建物はとくに相性が良い。

SONY DSC
重厚感をだすには、締りのある黒を表現しましょう。

SONY DSC
中之島1丁目。モノクロの場合、露出やコントラストにはとても敏感にならないといけません。基本はアンダーで締りをだすのがコツ。

モノクロ縛り11
もちろんシーンによっては、ハイキーだって様になります。そう、木漏れ日の中の4人組のように。

北新地

SONY DSC
北新地。モノクロではかに道楽も無駄にかっこ良く。

モノクロ縛り15
想像力を刺激する街歩きはとても新鮮で楽しかったです。

大阪の夜

SONY DSC
帰宅途中、大阪の夜。今日は家に帰るまでが「モノクロDAY」です。

モノクロのススメ

モノクロ縛り17
普段はカラー撮影が多い中、久しぶりにがっつりとモノクロ撮影してきました。

色がない分、光の当たり方に敏感になれたり、露出やコントラストに意識を集中できたり、

カラー写真ではなく、モノクロ写真だからこその良さとは何なのか?

想像力を刺激するモノクロ写真にどっぷりとはまりそうな、そんな1日でした。

さあ、カメラ設定を”モノクロ”にして街に出よう!!

スポンサーリンク