コンデジからのステップアップ!予算10万で買う室内用のミラーレス中級カメラシステム3選!!

SONY DSC

現行のミラーレスカメラをまとめてみました。

今よりも綺麗な写真が撮れるように

SONY DSC

ここに紹介するのは、今までコンデジやエントリーモデルのミラーレスなどを使っていて、さらにステップアップしようと思っている人向けにレンズを含めたカメラシステムを提案しようというものです。

今回、ターゲットとする条件は、

  • ミドルクラスのミラーレスカメラ
  • F1.8程度の明るいレンズ
  • ボケやすい描写
  • 防塵防滴と言うよりも室内撮影中心
  • 近距離に強いマクロ撮影を視野に入れて

どちらかと言うと室内での使用を想定しています。室内は野外に比べ光量が足りないことが多いのでF1.8などの明るいレンズを選んでいます。もちろん外でも十分に使えますし、汎用性にも重きを置いた選択をしていこうと思います。

また、ミラーレスと限定しており、所謂一眼レフは候補から外しております。これは、特にこだわりがない場合は選択肢から外して良いと思っているからです。

一眼レフとミラーレスカメラの差はどんどんとなくなっていき、画質面では同等です。ファインダーの方式の違いや、オートフォーカスの速度や精度、操作性など違いはありますが、技術はまだまだ革新しており、ミラーレスがこれからのスタンダードであるためです。

画質を決める3つの要素は、レンズ、イメージセンサー、撮像エンジン

SONY DSC

先ずは、カメラの基本的な事柄。画質を決める3つの要素から。

写真の画質を決める大きな要因は、レンズなどの光学系、イメージセンサー、撮像エンジンの3つが主となります。

ミラーレス用のレンズに関しては、少し前まではまだまだ少なかったですが、最近は各メーカーが超広角から望遠、マクロまで一通りのラインナップを揃えています。

歴史ある一眼レフ用に比べるとまだまだ数は少ないですが、メーカーにひとつは名玉と呼ばれる安くて写りの良いレンズがあったり、レンズ開発のロードマップには数多くの新レンズが公開されていたりと、今後さらに展開が期待されるものでもあります。

イメージセンサーは、画質やISO感度(暗所でのノイズのでやすさ)に影響がでます。ミラーレスは一部の製品を除き、一眼レフよりもイメージセンサーが小さいものが多く、画質に対して不利な部分もあります。

しかし、この辺りはセンサー自体の進化や、撮像エンジンのアップデートでさらに良くなっており、センサー自体としても裏面照射や球体、曲率をもたせたものなど、様々な方策でより光を取り込みやすいものに進化しています。

画質に対しては、現状でも一眼レフと同等。そして、これからもまだまだ向上していくことと予想されます。

ミラーレスのメリット。小型軽量はシャッターチャンスに繋がる!

SONY DSC
ミラーレスのメリットは何と言っても小型軽量です。

気軽な気持ちで撮影できること。そのメリットだけでもミラーレスの効用としては十分です。

撮影は、その時にカメラを持っていないとできません。大きくて重い一眼レフだと、持ち出すことが億劫になります。シャッターチャンスに出会えるカメラ、それがミラーレスなのです。

前置きが長くなりましたが、以下におすすめのカメラシステムを紹介してみようと思います。

予算10万円で買える室内用のミラーレスシステムです。

オリンパス PEN E-PL8

e-pl8
オリンパスのPEN E-PL8。デザインが美しい、オリンパスPENシリーズの最新機種です。発売は2016年11月。

自分撮りができるタッチセルフィーや、スマートフォンと連携するWifiなどの最新機能、また多彩なフィルターなどが搭載されています。

レンズマウントは、マイクロフォーサーズとなっているのでオリンパスやパナソニック、その他サードパーティ製など豊富な種類の中から選ぶことが出来ます。

今回、PEN E-PL8のレンズとして選んだのは、OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8。焦点距離が35mm換算で50mmと人の視野に近く、使いやすいレンズであります。そしてボケも非常に美しいものとなってます。

同じようなスペックのレンズとして、パナソニックのLEICA DG SUMMILUX 25mmF1.4というものがあり、このパナソニックの25mmF1.4のほうが値段が若干高い分、レンズとしては優秀なところもありますが、最短撮影距離を比較してみると、

オリンパス25mmF1.8は25cm
パナソニック25mmF1.4は30cm

オリンパスは25cmまで被写体に近づけますが、パナソニックは30cmまでです。室内で物撮りなどを中心として考えている場合、この5cmは結構大きいのですよね。

近距離撮影をしなく、あくまでも画質優先というのであればパナソニック。マクロ的にも使いたいというのであればオリンパスという選択でもいいように思います。このオリンパスの25mmF1.8レンズもかなり評価高いです。

ソニー α6000

ILCE-6000_B

2014年3月に発売されたソニーのα6000。後継機種としてα6300、α6500などが発売されていますが、α6000もまだまだ現役です。こちらはAPS-Cセンサーを搭載しており、従来の一眼レフと同じセンサーサイズとなっています。

センサーが大きい分、マイクロフォーサーズに比べボディレンズともに若干サイズアップしますが、現行の機種はどれもコンパクトに設計されているため、そこまで顕著な差はありません。

α6000は、2430万画素の解像感ある画質もさることながら、操作性も良好であり、ファインダーがついていることから集中して撮影できるようにもなっています。

また、像面位相差センサーというオートフォーカスセンサーを搭載しているため、ピントを合わせる時間も速く、ストレスのない撮影が可能となっています。

レンズとしても、現在ではソニー純正、カールツアイス、サードパーティー製など多くの種類があり、その中でも、低価格レンズでありながら味のあるボケ表現を楽しめるソニー SONY 単焦点レンズ E 50mm F1.8 OSSが特におすすめです。

焦点距離は35mm換算75mmと若干望遠気味ではありますが、ボケ味はとても美しく、APS-Cならではの大きなボケが楽しめます。ただし、最短撮影距離は30cmとあまり寄れないレンズなのが難です。

値段としてはα6000レンズキットと50mmF1.8を合わせてもお店によっては、10万で十分おつりがくるほどです。

富士フィルム X-T10

x-t10
最後は富士フィルムからX-T10。カメラスペックは決して目立つものではないですが、本物志向のXシリーズは玄人たちにも好まれる製品となっています。こちらもセンサーサイズはAPS-Cサイズとなります。

そして、富士フィルムカメラは何と言っても、伝統のフジノンレンズを使えるということ。

現行のレンズでは、FUJIFILM XFレンズ FUJINON XF35mm F1.4 Rという抜群の表現力をもったレンズがあります。35mm換算で52.5mmと標準域で使いやすく、画質は豊かな色彩と美しいボケ、レンズ性能はとても優秀であり、

フジノンレンズ XF35mmF1.4 R | 富士フイルム

また、ボディ側としてもローパスフィルターをなくし、レンズ性能を最大限にまで引き出しています。RAWなどで現像しないJPEG撮ってだしの画質がいいことも特徴であります。

人とは違う描写を楽しみたい人にもお勧めのカメラです。

まとめ

今回、3つのカメラシステムを紹介しました。カメラはマウント規格により、気軽にメーカーを変えることができないので、はじめの機種選びは特に慎重になる必要があります。

メーカーごとに絵作りは異なりますし、操作体系だって異なります。インターネット上には個別のレビューなどが多くあるので、それらを参考に情報を集めている人も多いかと思います。

ですが、結局は自分の好みであったり、自分にとっての使いやすさ、そのカメラで撮られた写真を見たときの印象、カメラをどのように使っていこうとしているのかなどを考えるのが良いかと思います。

選定の難しさもありますが、考えている時がいちばん楽しかったりもします。大いに悩みましょう。そして、最後には良いカメラと出会えることを期待しています。

スポンサーリンク