京都御苑と鴨川で野鳥観察をしてきた

京都御苑野鳥観察-26

京都御苑へ行ってきました。


SONY DSC
江戸時代には、1300メートル×700メートルの敷地内に200を超える邸宅が並んでいた京都御苑。現在は国民公園となっていて、環境省が管理しているとのこと。

京都御苑野鳥観察-2
中に入ってみると、御所へと続く砂利道が。写真でも分かる通りほんとに静かな観光地です。平日だということもありますが、ほんとに人がいないのですよね。猛暑日だったので余計です。

京都御苑野鳥観察-3
御所に近づいてきました。

京都御苑野鳥観察-4
御所を正面から。神々しくもある佇まいがものすごくかっこいいです。なんたって14世紀から19世紀までの歴代天皇がいた場所なのです。

ただ、御所の内部は予約したり一般公開日でないと見れないようになっているようです。

京都御苑野鳥観察-5
人がいると思えば外国人。御苑でみた人の半分くらいは外国人だったような。

SONY DSC
御苑は緑豊かでとても気持ちのいい場所。

SONY DSC
ただ、あまりに暑かったので木陰で休憩を挟みつつの散策です。

SONY DSC
九条池というところ。御苑はどこを見てもとても雰囲気が良いですね。

SONY DSC
そして、そんな京都御苑は野鳥観察のスポットでもあるのです。至る所で鳥の鳴き声が聞こえてきたり、場所によっては木を見上げると小さな鳥が動いているのが分かるほど。

ただ、カメラで写そうと思うとなかなか難しくて。彼らはね、ほんとすばしっこいのですよ。

京都御苑野鳥観察-10
歩いていると、見つけたのはいつものちゅん。スズメです。

京都御苑野鳥観察-11
こっちはまだ子供。

SONY DSC
野鳥撮影に挑戦したものの、ほんとに難しくて結構歩いたにも関わらず、撮れたのは上の2枚だけだったのですよね。

なので、行き着いたのはこの場所。御苑内にある母と子の森というところです。

京都御苑野鳥観察-13
ここに鳥の水場が整備されているのです。

京都御苑野鳥観察-14
見てみると小さな水場が!それに色々な鳥が集まってきてるじゃないですか!!

京都御苑野鳥観察-15
すずめ?緑っぽい?

京都御苑野鳥観察-16
こちらはメジロ。

京都御苑野鳥観察-17
もう一枚メジロ。

京都御苑野鳥観察-18
御苑には100種類以上の野鳥がいるらしく、これは通年見れる鳥で、

京都御苑野鳥観察-19
こちらは春や冬に見られる鳥のようです。鳥もほんとに沢山の種類があって、ぱっと見ただけではまだまだ判断できないので名前と特徴をもっと覚えていきたいですね。

SONY DSC
難易度の高い御苑を後にして、次は鴨川に来てみました。

京都御苑野鳥観察-21
鴨川にいたカルガモ。カルガモはほんと多くいるのですよね。ぼけっとしているカルガモ、寝ているカルガモ、食事中のカルガモ、そして、

京都御苑野鳥観察-22
ダイビングしているカルガモ。いろいろなカルガモを見ることができます。

京都御苑野鳥観察-23
またまたスズメ。

京都御苑野鳥観察-24
こっちは木の上で。

京都御苑野鳥観察-25
こちらはキメているサギ。コサギ?

京都御苑野鳥観察-26
獲物をえらっているところ。少しネイチャー系の写真のような。

京都御苑野鳥観察-27
最後はゴイサギ。

京都御苑野鳥観察-28
一本足で同じく獲物を狙います。

京都御苑と鴨川と散策してみましたが、鴨川のほうが断然に撮りやすいですね。まあ、カモやサギは基本動きが遅いので難なく撮影できます。

ただ、鴨川にだってもっといろいろな鳥がいて、ちょうどこの日ももっと沢山の鳥を見たのですが、やはり動きが速すぎて写真に収めることができないのです。でも、やっぱり野生を撮るのは面白くて、もう一度別の場所でトライしてみようかと思っております。そして、鳥の名前ももっと覚えよう!

京都御苑

スポンサーリンク