iPhoneに防水ケースをつけて海の風景を切りとってみた

iphone防水ケース写真-11

iPhoneに防水ケースをつけて撮影テストをしてみました。

IPx8の防水ケース


iPhoneの防水ケースを購入してみました。IPx8という防水規格に対応しているものです。

防水スマホなのに水没故障、キャリアの説明は十分か? IPX5・IPX7・IPX8とは | アプリオ

防水規格にも色々とあり、雨のようなものから守るもの、沈めても大丈夫なもの、潜水に対応しているものというように、工業規格によって防水の程度が決められています。

今回購入したものは、IPx8というもので水深1.5mで30分間放置しても機能的に問題がないと規格されているものです。(ただし、条件は水道水でのテストとなっているようです)

ロック式で安心感のあるケース

iphone防水ケース-1
アマゾンから届いた「WaterProof Bag」。名前の通り、バッグになっているのでiPhone4でも5でも5Sでも一部のAndroidでも大きささえ合えば使用することができます。

iphone防水ケース-2
ロックレバーが付いていて、密閉には安心感がある作り。

iphone防水ケース装着-1
さっそく持ち出して使ってみることにします。扱いやすいソフトケースになっていて、iPhoneの背面カメラ箇所は透明です。

iphone防水ケース装着-2
iPhone5を入れてみたところサイズはぴったり。

水中写真を撮ってみた

iphone防水ケース写真-1
水中で写真を撮ってみたところ、、、緑。。。ちょっと深いところを狙いすぎたのかもしれません。

iphone防水ケース写真-2
浅瀬で撮影。わかめ?

iphone防水ケース写真-3
さらに浅瀬で。透明感のある海が撮れました。

水中での撮影はなかなか難しくて、シャッター音も聞こえ難いですし、画像の確認も難しかったりするので写真を撮っているっていう感覚はあまりなくて、

あと、画面へのタッチの感度が若干悪くなるのも気になったり。まあ、使えるレベルであるとは思いますし、ケースで覆っているのである程度は仕方ないところかもしれませんね。

防水の性能は上々です。これで珊瑚礁とかを撮影したいなと思いながらも、僕はそんなにアクティブではないので一瞬で諦めるとして、

今回は、この防水ケースを使用して水面を入れたダイナミックな構図に挑戦してみました。

撮った写真をアップしておきます。

iPhoneで撮影した海の風景

iphone防水ケース写真-6

iphone防水ケース写真-5

iphone防水ケース写真-4

iphone防水ケース写真-7

iphone防水ケース写真-8

iphone防水ケース写真-9

iphone防水ケース写真-10

iphone防水ケース写真-11

iphone防水ケース写真-12

画質自体は、ケースという余計なものがあるので解像度や色のりは一段落ちている感じです。ただ、それもプラスチックレンズっぽく味のあるものと思えば結構楽しめたりもするのですよね。

防水ケース自体はすごく手頃な割に、いろいろと楽しめそうな気がしますね。もっといろいろと撮ってみようかと思います。

iPhone防水ケース

スポンサーリンク