iPhoneアプリ「PinholeCam」で幻想的なピンホール写真を撮ってきた

pinholecam

iPhoneのカメラアプリ「PinholeCam」を入れてみました。


先日は、一眼カメラにピンホールレンズをつけてみましたが、今回はiPhoneアプリでピンホール写真を撮ってみようと思います。

ディープな中津高架下をピンホールレンズで幻想的に写してきた

使ったアプリは「Pinhole Cam」

pinholecam2
アプリの起動画面。立ち上がりの時間は若干長めです。

pinholecam3
設定画面はこんな感じ。ここでシャッター速度を15秒から無限大までの間で選べたり、エフェクトのオンオフ、オートフォーカスやホワイトバランスなどの設定をすることができます。

pinholecam-11
こちらは撮影画面。左下のボタンがシャッターボタンでこれを押すと撮影がスタートされ、画面中央部に残り時間がカウントされます。この時の設定はシャッター速度15秒なので、15秒間手持ちです。(露光中でも再度シャッターボタンを押してシャッターを強制的に閉じることも可能です)

pinholecam-10
撮れた写真はこれ。

15秒間手持ちなのでブレブレですが周辺光量落ちのビネット効果があったりでそれっぽい写真に仕上げることができます。

pinholecam-1
大阪の通天閣。これもブレブレ。こちらはピンホールらしく光の漏れを再現したエフェクトをオンにしたもの。

pinholecam-2
iPhoneを固定できる場所があったので、固定して撮るとこんな感じ。三脚のように完全固定じゃないので何ですが、ソフトフォーカス的な写真になりましたね。

pinholecam-12
スローシャッターの特性を活かして動きのある写真にすることも可能。ただ、一眼カメラのスローシャッターなどと違い露光中の画像が全て反映される訳ではなさそうです。

このアプリの中身がどうなっているかはわかりませんが、指定時間の動画を撮ってそれを処理しているような、そんな印象ですね。

ちなみに保存される写真の比率は16:9です。

こういうアプリは上手く使わないと単にブレているだけっていう写真になりかねないですが、色々な撮り方ができますし撮影の面白さを感じれたりで結構気に入ってます。

pinholecam-4
ちょっと上手く撮れなかったですが、露光中に画面タッチでフォーカスポイントを変えれたりするのも面白い。

最後にこのアプリで撮った写真をあと何枚かアップしておきます。

写真はこちら

pinholecam-3

pinholecam-6

pinholecam-5

pinholecam-7

pinholecam-8

pinholecam-9

pinholecam-13

アプリはこちら

PinholeCam
PinholeCam (100円)
(2014.05.02時点)
posted with ポチレバ
スポンサーリンク