日の当たらない東横堀川 その2

東横堀川夕暮れ-1

日の当たらない東横堀川 その1の続きです。

東横堀川-2-4
本町橋にやってきました。1913年に架けられた大阪市最古の橋です。

東横堀川-2-2
ルネサンス風の重厚なデザインが格好良い。

東横堀川-2-1
本町橋すぐとなり。産業創造館の建物には舟がモチーフのモニュメント。漕いでいるのは七福神です。

東横堀川-2-3
さらに産業創造館の向かいにはアイスモナカで有名な「ゼー六」。残念ながらこの日は定休日でした。

東横堀川-2-5
ずっと直線を流れていた東横堀川ですが、ここにきて緩やかなS字カーブ。「本町のまがり」と言われているところです。

東横堀川-2-6
曲がり角では水流が渦をまくため水難事故や入水者が多く、曲がり淵地蔵を祀っているほど。

東横堀川-2-8
それにしても入水って、、昔の名所的な感じなのでしょうか?今では想像もつきません。

東横堀川-2-7
本町まがりの先には農人橋。

SONY DSC
この中央大通りに架けられた橋。この下に東横堀川が流れていることはあまり意識されていないかもしれません。

東横堀川-2-9
本町通りをさらに南下。いつもの街の風景であり、川沿いを歩いてる感じはありません。

東横堀川-2-10
久宝寺橋。

東横堀川-2-11
安堂寺橋。雰囲気はだんだんとミナミっぽくなってきます。

東横堀川-2-12
長堀通りに架かるのは、末吉橋。

東横堀川-2-14
その昔、末吉という商人が自費で橋を架けた橋のよう。

SONY DSC
末吉橋のすぐ南側にあったのは住友家本邸跡にあるビリヤード場。明治初期に建てられた日本初のビリヤード場です。装飾は洋風で、壁や屋根は和風というハイブリッド仕様の建物です。

東横堀川-2-15
瓦屋橋にいたハト。

SONY DSC
東横堀川最後となる橋、上大和橋。

SONY DSC
ここで川は90度曲がり、東横堀川はここまで。

東横堀川-2-18
曲がった先は、道頓堀川へとつながります。

南北2.2kmにもおよぶ、東横堀川を歩いてみました。

道頓堀川へとつながる重要な川でもありますが、川はとても地味で、暗く、決して綺麗ではありません。ですが、記事には紹介しきれませんでしたが、この界隈にはお洒落なお店が多くあったり、歴史を感じれる場所だったり、東横堀川ならではの味わいを感じれるところです。

東横堀川夕暮れ-1
夕暮れ時の東横堀川。この地味な感じがなかなかのものだと思うのです。

東横堀川

東横堀川map

スポンサーリンク