iPhoneのVRカメラアプリ「Fyuse」でゆらゆらと動く3D空間写真を撮ってみた

fyuse-1454128631360

パノラマ写真でも動画でもない3Dの空間撮影ができるアプリです。

fyuse-1
撮り方はパノラマ写真を撮るのと同じように、右から左へ動かして撮影します。

fyuse-2
風景以外でも、人物やペット、食べ物などの撮影もできます。

fyuse-img_4006
撮影を終えるとレンタリングがはじまります。いかにも空間処理を施しているような感じですね。

撮った写真は以下。中央部をクリックすると読み込みが始まります。読み込み後、マウスorタッチで左右に動かすと画像が動きます。

スマホからの閲覧の場合、左上のアイコンをタップしてFyuseにアクセスするとスマホを傾けるだけで動きます。

単なるパノラマ写真じゃなくて、コスモスが風に揺られて動いている様子がわかると思います。これが動画でもパノラマ写真でもない、3D空間写真というもの。面白い効果ですね。

エフェクトや、デコレーション、テキストなどにも対応しています。こちらはヴィンテージ系のエフェクト処理をしたもの。

fyuse-3
挿入できるテキストは3D表示にも対応しています。

今年はVR元年!!

最近、職場の人がスマホをいれるタイプのVRゴーグルを買ってました。プレステVRも発売されました。Youtubeはカードボード対応でVRコンテンツがどんどんと増えていっています。VRカメラはとても手頃になり、雑誌はVR特集を組むことが多くなりました。(彼女だってVRで作れるようです。

気がつくとVRはとても身近になってきました。

このブログはずっと静止画をアップしていますが、もっとリッチコンテンツにしていきたいなと思っています。こういったアプリも積極的に使っていきたいですね。

Fyuse

無料アプリです。リンクはiPhone版ですが、Android版もあり。

Fyuse - 3D写真
無料
(2016.10.16時点)

iTunes で見る

posted with ポチレバ
スポンサーリンク