明日香村 稲渕の棚田は彼岸花の名所

明日香村彼岸花-DSC02729

彼岸花。別名「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」とも言われ、少々怪し気な雰囲気をもつ花。また、彼岸花は有毒でもあり小動物などから田を守る役割もあるよう。

彼岸花から受けるイメージは、のどかな田園風景でもあったり、艶っぽく妖艶な花のイメージであったり。

反するイメージがあるからか、単に放射状の花形状のためか、撮り方がほんと難しいなと個人的に感じるのですよね。

ここ稲渕へは初めて来ましたが、日本の原風景を感じられる場所でとても気に入りました。

また来年も行きたいですね。彼岸花の撮影にも再度挑戦してみたいです。

明日香村彼岸花-DSC02743

明日香村彼岸花-DSC01297

明日香村彼岸花-DSC02747

明日香村彼岸花-DSC01308

行ったのは奈良の彼岸花の名所「稲渕地区の棚田」


奈良県明日香村 稲渕地区の棚田。日本の棚田百選にも選ばれている見事な棚田が広がるところ。彼岸花の名所でもあり、9月のお彼岸の時期には毎年多くの観光客が訪れます。

稲渕棚田へのアクセスは、
近鉄橿原神宮前駅、飛鳥駅からバス「石舞台」下車から徒歩30分。
近鉄橿原神宮前駅、飛鳥駅からレンタサイクル
近鉄飛鳥駅からタクシー。1000〜1500円程度。

スポンサーリンク