SONYα6000を半年間使ってみて思ったこと

SONY DSC

SONY α6000を使い出して半年が経過しました。

手軽に持ち出せるα6000

α6000を持ち出して撮影に出掛けることはとても楽しくて、この半年間で色々な場所へ行ってきました。

軽量小型のミラーレス機なので、気軽に持ち出せるのがやっぱり大きなポイントなのですよね。これが大きくて重い一眼レフなら、こんなにも使っていなかったと思うのです。

もちろんα6000が完璧かと言うとそんなことはなくて、操作性が向上したというもののもう少し設定に自由度があればとか、防塵防滴の機能があればとか、位相差AFも限られた条件でしか目立った恩恵が受けれなかったりというように

マイナスな部分もあるにはありますが、トータルでみるとα6000にしてよかったと思っているのですよね。

APS-Cの豊かな表現力

SONY DSC
APS-Cセンサーが搭載されたα6000は表現豊かな写真が撮れます。フルサイズのカメラには及びませんが、APS-Cセンサーの生み出す画質はとても豊かに思えます。

それにα6000に搭載されているイメージセンサーも実に優秀で、高感度特性だって十分に綺麗。さすがに暗闇の中でISO10000以上まで上げるとノイジーではありますが、通常の使用のなかでは特段困ったことはありません。

さすが他のカメラメーカーにも供給しているソニーセンサーというところです。ソニー自体は赤字が続きますが、このセンサー事業だけは好調なのですよね。

決定的瞬間のため速度はとても重要な項目

20141024_2
α6000で搭載された位相差AFは、AFの素早さが撮影機会を取りこぼしなくしてくれます。「撮りたい時に撮れること」これはほんとに大切です。チャンスは一瞬です。AFが間に合わなければシャッターさえも押すことができません。速度はとても重要な項目です。

ただ、この点については、上にも書いたように日中野外など限られたシーンでしか恩恵を受けないので、これからの進化に期待したいところですね。暗所ではコントラストAFとなります。そして迷う。。。

α6000のレビューから

20141024_9
α6000については、購入直後くらいには以下のようなレビュー記事をいくつかアップしてました。

SONYミラーレス一眼α6000を購入!!
SONY α6000の撮影テストをしてきた
SONY α6000の高感度テスト。ISO感度別に撮影してきた
α6000高感度テスト。ISO12800固定で撮影してきた

これらのレビュー記事も沢山の人に見られて嬉しかったのですが、最近このような方を発見しました。

SONYα6000を買うなら参考にしたいブログ @ダレデキブログ

記事を見て頂いてα6000を購入されたそうな。上の記事では当ブログのことも大いに褒めて頂いていて、嬉しいやら、恐縮するやら、いや、ほんと有難うございます。

もちろん、ソニーのカメラ自体に魅力を感じたからこそ購入されたのだと思いますが、そのほんの少しでもお役立てできたようで良かったです。

ダレデキブログ

ソニーのカメラの良さは?

20141024_10
そもそもソニーのカメラの良さっていうのは何なのでしょう?

デジタルカメラなんてどのメーカーのものでもほんとに綺麗に写るようになったと思いますし、メーカーの特色っていうのは年々薄れてきているのかなと思ったりもしますが、そんな中でソニーの良さって何なのでしょう?

パッと思いつくものは、

【1】 伝統のツァイスレンズの使用

20141024_7
まあ、最近は名ばかりだという話も多く聞きますが、それでもやっぱり魅力あるツァイスレンズを使用できることは大きいと思ってます。ツァイスレンズだからこそ撮れるものっていうのがあるのですよね。

【2】 革新的な開発

SONY DSC
ソニーはフルサイズコンデジやフルサイズミラーレス、ISO40万のα7sやレンズスタイルカメラなどなど。革新的なカメラを打ち出しているメーカーでもあり、技術的にも最近では曲面イメージセンサーを発売しようとしていたりと、どんどんと新しいものを生み出してきています。こういった革新的な取り組みの中で培った技術というのは、他の製品にも活かされ全体としてのクオリティが上がってくると個人的には思うのですよね。

【3】 価格が安い

SONY DSC
ソニーのカメラっていうのは、他のものに比べて価格が抑えられていると思います。戦略的なものもあると思いますし、機能的なものもあるでしょう。ただ、これだけのカメラが安く手に入るのはとても嬉しいことです。フルサイズミラーレスが発売されたときもあまりの低価格にびっくりしたほどです。

【4】 トータル的なシステムがよい

20141024_12
ソニー自体、センサー製造から、カメラ、テレビ、ゲームetc…と様々な事業を行っています。そこから生まれるカメラシステムはハードウェア、ソフトウェア含めて完成度の高いものになりつつあると思うのですよね。最近ではカメラアプリなどもリリースしてますし、このあたりのトーテル的なシステムはソニーならではなのじゃないかと。(現状では、もう少し改善が欲しいと思うところもいくつかありますが。。)

【5】 普遍的である

20141024_13
デザインが良い、機能が良い、写りが良いなど一般的な言葉ではありますが、そういった普遍的な良さがあります。エントリー機種は女子カメラにも人気のようですし。いいですよね。北川景子とか。北川景子とか。北川景子とか。

最後のものはちょっとアレですが、ソニーの良さってこのあたりなのじゃないかなと。

50mmF1.8との相性も抜群

20141024_5
あとは、レンズですね。
ツァイス以外にもソニー純正レンズでも優秀なものはあります。特に50mm F1.8の単焦点レンズ。カメラとの相性がすこぶる良くて、この半年間はメインレンズとしてずっと付けっ放しなほどに。すごくボケやすいレンズですし写りも上々です。

このレンズを半年間も付けっぱなしにしていると、カメラ仲間達からは「そろそろ新しいレンズが欲しいんじゃない?」なんて言われたりしますが、まだまだ変えるつもりはありません。

α6000と50mm F1.8。この組み合わせがとても気に入っているから。

α6000とともに

20141024_4
そして、今日こんなにもうだうだと書いたのは、この半年間の間、α6000で撮りためた写真をアップしたかったのです。このページ内にアップしている写真は全てα6000で撮ったものです。

どれだけの言葉よりも写真が全てを語る。みたいな。腕前は決して良くないですし、これらの写真はJPEG撮って出しではなくて、いくらかの処理を行ってます。α6000の素のままと言うわけではありませんが、このカメラだからこそ色々な場所へ行けて、沢山の写真が撮れたことだと思ってます。

SONY ミラーレスカメラ α6000

【あす楽】 ソニー α6000 パワーズームレンズキット ブラック (Sony ミラーレス一眼カメラ)

スポンサーリンク