wpXクラウドでは複数サイトの切り替えがとてもスムーズ

ワードプレス_201512

ワードプレス専用のレンタルサーバーwpXクラウド

ワードプレスに特化しているため高速環境を構築できたり、サイトのアクセス別にプランが用意されていたりと、使い勝手が非常に良いサービスです。

いちばん安いグレードAのプランはワンコインで契約することができ、30万PVまでをカバーすることができます。

現在、当ブログで契約しているサーバーもwpXクラウドです。

追加の契約で複数サイトの運営が可能

wpx-201512-2
wpXでは基本はひとつの契約で、ひとつのワードプレス(サイト)を運営しますが、追加の契約をすることで複数のサイトを運営することができます。

もちろん月々の利用料金は倍になりますが、複数サイトを運営する場合、同じサーバーのサービスを使う方が使い勝手が良くなるのですよね。

追加の契約は「契約、会員情報の管理」から。

アカウントはあくまでもひとつ

wpxイメージ
wpXの追加契約は、あくまでもサーバーの追加なのでひとつの管理パネルから行なう事ができます。会員IDはひとつ。その下にサーバーを契約する形となります。

wpx-201512-3
サイトの切り替えは、サーバーIDのプルダウンで任意のサイトを選ぶだけ。

ブラウザを立ち上げ、タブ別にAサイト、Bサイト、Cサイトの管理画面を表示する事も可能なので、運営しているサイトの切り替えはとてもスムーズです。

Aサイトの記事を更新して、次にBサイトの記事を更新する際、会員IDを一旦ログアウトして、別の会員IDでログインするなどの必要はありません。同時に複数のサイトの管理画面にアクセスできるのです。(各サイトの管理画面に別途パスワードは設けられていますが。)

wpXクラウド

WordPress専用の高速クラウドサービス wpX(ダブリューピーエックス)クラウド

ちなみに、wpXクラウドでの複数サイトの運営は便利ではあるものの、この1年間で運営しているサイトが4つになりました。そろそろひとつにまとめられるサーバーに切り替えようかとも思いながら、、、。次の更新時期のときに体制を整えようかと思っています。

スポンサーリンク