海外サーバーBluehostでワードプレスを開設。SSL化にも対応

bluehost-1

新しくワードプレスを開設しました。サーバーは、海外のレンタルサーバーとして評価の高いBluehost(ブルーホスト)を利用しました。

Bluehostはアメリカのサーバーです。新しいワードプレスを立ち上げるのは、そう簡単ではないだろうと思っていました。しかも言語は英語です。

このブログをワードプレスで初めたときも、かなり苦労したのを覚えています。サーバーと契約してもうまくワードプレスをインストールできなかったり、取得したドメインを設定できなかったり、とにかく各機能は見慣れないものばかり。右も左も分からない状態で進めていました。

いざ、グッと気を引き締め、Bluehostのページを開いて、登録ボタンをクリックしたところ、驚くほど簡単に、契約、ドメイン取得、ワードプレス開設、SSL化まで一気に進めることができました。最近は、ずっとこの新しいワードプレスサイトの作業をしています。公開まであと少しです!!

Bluehostへの登録

bluehost-1
Bluehostのトップページの「Get started now」をクリック

bluehost-2
次は、プランを決めます。まずはbasicプランで十分です。複数サイトの運営などを考えている場合は、plusやprimeを選びましょう。

bluehost-3
こちらはBluehostでのドメインの取得。ドメインを既に持っているドメインも使えますが、持っていない方、特に初心者の方はBluehostで取得した方がスムーズです

bluehost-4
アカウント情報。名前や住所など日本の住所で大丈夫です

bluehost-5
こちらはパッケージインフォメーション。「Domain Privacy Protection」は必須だと思いますが、その他は任意で良いと思います。僕の場合、Domain Privacy Protection以外のチェックは外しました。
※Domain Privacy Protectionに チェックを入れないと、自分の住所など登録者情報が公開されます。

bluehost-6 2
支払い情報。各種クレジットカードに加え、more payment optionをクリックすると、paypalでも支払い可能

あとは、パスワードを設定して、ログイン、ワードプレスのインストールはワンクリックでできます。とても簡単です。登録したメールアドレスに、認証メールが届くので、そちらもお忘れなく。

サイトのSSL化

bluehost-7 2
Bluehostへログインして、①My Site、②Security、③Free SSL CertificateをONでSSL化できます。こちらは無料です。自身のサイトへアクセスして、アドレスに鍵マークがついていれば成功です。SSL化は、はじめにやっておかないとあとで苦労するので、新しいサイトを作る場合は必須です。