自由に使える10万円があるとしたら?創作の原動を得るための使い道

DSC01918

珍しくお金にまつわる話。

音楽もカメラも機材をいろいろと揃えようとしたら、それなりに費用がかかり、特にエントリー向け製品でなく中級機やプロ用の機材となればけっこうな金額がかかってしまいます。

そんな中、とある仲間と話していたのは、今目の前に自由に使えるお金、10万円があったら何に使うかという話。

よくある宝くじが当たったらどうする?的な話です。

宝くじの何億というものに比べ、金額が小さいのは現実的なことを想定していることに加え、まあアレです。僕たちのスケール的な。

物でなくて経験を

話の中では、10万円あればこの機材が欲しいアレが欲しいとか、望遠レンズを持っていないからそれが欲しいなど色々な使い道がでてくるのです。お金の使い道の話なので、貯金するとか、一晩の飲み代に使い果たすとか基本的には好きなように使っていいのですが、この時は”創作に役立てるような使い方”に焦点をあてて話をしていました。

話をして思ったのは、どういった方向性でお金を使うのかっていうこと。

例えば、マルチプレイヤーがいるとしてギターとベースとキーボードを持っていて、それのどれかを一つだけ買い替える。もしくは買い足す。というお金の使い方をするっていうのは、

どれかの楽器が痛んでいたりするのなら全然アリだと思いますが、そうでないなら少しもったいないなと思ったりするのです。もちろん、色々な事情があるので一概にと言うわけではありませんが。

ここで言いたいのは、今何を想っているのか、どの方向性へ向きたいのかというところ。

クリエイターとしてのバリエーションを増やしたいなら、今の楽器に加えてウクレレを買ったらいいのです。(例なので演奏技術のことは置いておいて。)

今よりも知識を増やしたいなら、本を買ったり、教室にいったり、学びのために費やしてもいいのです。

今よりもいい作品を作りたかったらギターを買い足すよりも経験にお金を使えばいいのです。

そして、この経験というものがクリエイターにとってすごく大切なのじゃないかなと思ったりしています。

クリエイターといっても、クライアントの要望に応えるとか、何でもできる器用なクリエイターって人たちには当てはまらないかもしれませんが、自分らしいオリジナルな作品を作りたいと思う人たちにとって大切なのは今よりも少しだけ性能の良いギターではなくて、もっと内面にあるものだと思うのですよね。

旅行かレンズかを語る仲間

仲間は10万あれば旅行にいくか、カメラのレンズを買うかだね。と言いました。

それに対して僕が言ったのは、

特別に欲しいレンズじゃなければ、必要なレンズじゃなければ、旅行に行ったら良いんじゃない。そこで感じたもの、そこで得たものを大切にしたら良いんじゃない。そういう使い方をするべきだよ。なんて答えました。

別に旅行じゃなくたっていい。他の体験だっていいですし、経験を得るためのお金の使い方はほんとに様々。大切な人と過ごすためにお金を使ったっていいのです。そこで感じたものっていうのは、創作にもかえってくるのじゃないかなと。そういうものが創作の原動となるのじゃないかなと。

そんなことを思います。超がつく程の個人的な思いであり、仮に旅行に行ったとしても必ずしも何かを得る訳ではないので限定される場面だとも思いますが、

時に、こんな考えもいいのじゃないかなと。

今、僕が10万を使うとしたら

この話を仲間としたのは、確か半年か1年程前でしたが、その想いは今も基本的には変わらずです。

えっ?僕が今手元に自由に使えるお金、10万円があるとしたら何に使うかって?

そりゃ、もちろん

アポロです。アポロ。

だって、ちょうど10万なのですから。それにアポロを手にしたら今よりも少しだけ音がよくなるのですから!!

UNIVERSAL AUDIO Apollo Twin | フックアップ

スポンサーリンク