Xpand!2は和楽器入門にもオススメの音源

xpand2

和風の曲を作る機会を頂きました。和の雰囲気のイメージ動画に流す古典的な音楽です。

これまであまり和風の音を使ってこなかったので、まずはイメージに合う音色を探すところからのスタートです。

手持ちの音源を一通り見てみると、Xpand!2に和楽器が入っていることを発見!

Xpand!2は、Pro Tools付属のソフトシンセです。少し前に100円セールをやっていたので、持っている人も多いかと思います。

Xpand!2は、総容量2GB、プリセットは2500以上のマルチ音源です。4chのマルチティンバー音源として使えたり、動作が軽いことでも定評があります。

Xpand!2に入っている和楽器は、琴、三味線、尺八など。

音の傾向は、素直で扱いやすい感じで他の楽器とも絡めやすい印象。曲のなかで和風エッセンスが欲しい時などはちょうど良い鳴り方をしてくれそうです。もちろんメイン楽器でも使えそうな感じです。

xpand2-2
Attackや、Decay、Release、Cutoffなど基本的な調整パラメーターにアクセスしやすいのもいいですね。

和風曲の練習がてらに数曲打作ってみました。音はこんな感じです。


こちらは琴のデモ。中央で鳴っているのがXpand!2の琴です。


続いて三味線。三味線は少しチープかなと思ったので、後処理で若干ドライブさせています。歪みを付加すると結構いい感じに鳴ってくれそうな印象。

リアルを望むなら専用音源

Xpand!2の和楽器でも十分に使えるものと思いますが、もっとリアルさを追求するならやっぱり専用音源

Xpand!2は、扱いやすくて音質も良いのは間違いないですが、傾向としてはシンセ系の音に強く、生楽器系の質感に弱いところがあります。

専用音源であれば、リアルな音質に加え奏法だって揃っています。例えば琴の音源でいうと、KOTO NationKOTO13など。Xpand!2で物足りなくなってきたら導入を考えでも良いかもですね。

スポンサーリンク