【制作記録】ドラムトラックの音作り。日の目をみるのか?WAVES V COMP

waves vcomp2014-04-21

作業中の曲のドラムトラックの音作りをしてみました。

キックにはルネAXX、スネアにはルネコンプ

waves vcomp2014-04-21-2
キックにインサートしたのはWAVESのルネッサンスAXX。楽器用のコンプです。インサートすると、すごくジャキっとした音になりアタックが気持ちよくなるコンプです。ギターなどに挿すのが多い?のかなと思われるコンプですが、キックに対して使ってもかなりいい感じに鳴ってくれました。

キックのバチバチっとしたアタックが強調させた感じで、ロックな音楽には特に合いそうかなと。ルネッサンスAXXはパラメーターがシンプルなだけあって直感的に操作できるのもいいですね。

スネアにはWavesのルネッサンスコンプ。はじめはスネアにもルネAXXでアタックを強めた音にしていたのですが、他の楽器のアタック音との干渉が少々気になったので、ストレートにルネコンプへ変更。

続いてV Comp

waves vcomp2014-04-21-3
V CompはWavesバンドルに入っていたので、せっかくなので使いたいと思いながらいろいろな楽器にインサートしてみるも、V Comp特有のレンジが狭くギュッと締まった音がどうも好きになれなくて、、、でもきっとどこかに使い道があるはず。そんなことを思いながら、

ドラムを纏めたバストラックへインサートすると、このV Comp特有の締まり感がドラムの各パーツを上手く纏めてくれてすごくいい感じに。

バストラック向きのコンプってのはこういうことなのかと妙に納得してしまいました。V Compをインサートすることで音に迫力がでましたし、ドラムとしての一体感もでましたね。

ようやくV Compも日の目を見ることになった、、、ような気がしたのですが、、、。

kramer-master-tape
先日セールで手に入れたKramer Master Tape。テープレコーダーで録音したような暖かな音に仕上げてくれるプラグインです。

音の確認として、いろいろな楽器にインサートしてて、ドラムバストラックにも試しにインサートしてみたら、

あっ、こっちの方がいい。音はリアルで生っぽくて暖かい。

それにKramer Master Tapeは設定項目がすごく多くて、幅広い音作りができそうな感じです。

一瞬のうちにスロットから外されたV Comp。はたして、再度日を見ることはあるのか???

スポンサーリンク