アナログ出しで音に立体感と分離感を!マイクプリはApolloのUnisonを使用!!

universal audio 20150215

アナログ出しとは、一度オーディオインターフェースのアナログアウトプットからだして、アウトボードなどを経由して再度DAWへ戻すこと。デジタル信号が一度アナログ信号へと変わり、それが再度デジタル化されるという流れです。

アナログ出しの方法

アナログ出しと言っても方法は様々で、

① 単にオーディオインターフェイスのアウトプットから出して、そのままインプットに戻す。
② オーディオインターフェイスのアウトプットから出して、アウトボードを経由してインプットへ戻す
※どちらも無限ループには注意です。最悪機材が壊れますので。

①の単に信号を出して、それを戻すというのでもアナログ出しには変わりありませんが、これだとあまりいい結果になることがないのですよね(経験則)。だからと言って質の良いアウトボードを持っているかと言うと、そうでもありません。

そこで利用したのが、Apolloのマイクプリです。

ApolloにはUnisonと呼ばれるマイクプリがついている

Universal AudioのオーディオインターフェイスApolloにはUnisonと呼ばれるマイクプリシミュレート機能がついています。半デジタルであり、半アナログのマイクプリプラグインです。実際の回路の抵抗などを制御することにより、リアルに近い音にするという機能。

アナログ感満載のApolloTwinのマイクプリUnison機能を試してみた

マイクプリは610Bというものを使用。Universal Audioの2-610、LA-619mk2、6176などの真空管マイクプリのプラグイン版となります。これに通すことで、音に太さや暖かみを加えることができます。

ただ、今回欲しいと思っているのは、そんなアナログ的な太さというよりも、

アナログ出しをすることで得られる立体感や分離感。これを付加したかったのです。

DAW完結では得られない音

アナログ出しをすることで”低域が豊かな暖かい音”や”心地良い歪みが付加されたサチュレーションサウンド”だけを狙っているのではなく、音に立体感を与えること。それが今回の狙い。ここで言う奥行きや立体感はディレイやリバーブの処理とは異なるもので、あくまでもその音自体がもつものです。

デジタルだけで完結した音源はどうしても平坦な音になりやすく、のっぺりとなりがちなのですよね。それに音の分離も悪くなりがちです。

一手間加えることになりますが、アナログ出しで得られる立体感は音に力を与えるものと感じているのですよね。610Bを通した効果は予想通りでした。

平坦でのっぺりとしていたものが活き活きとする感じで、高域、低域が伸びてレンジが広がり、そして音は力強く。音の分離感も良い。DAW完結では得られない音です。

ミックスでもマスタリングでも使える

2ミックスのマスタリング時にアナログ出しをしてももちろん効果はありますが、ミックス時にトラック別にアナログ出しをすると特に効果ありです。

エフェクトのエディットをするのにもソフト音源そのままの音よりもアナログ出しをしたほうがやり易くて、ディレイやリバーブといった空間系などは顕著です。エフェクトのりがほんといいのですよね。

ただ、ミックスで使い時はレイテンシーの問題もあるのでタイミングの修正が必要だったり、面倒な場合もあったりしますが。

最近作っている曲は、ほぼすべてどこかの段階でアナログ出しをしています。DAW内で完結した方がクリアなのでしょうが、好きなのですよね。この音が。

この辺りは好みもあるので、必ずしもアナログ出しが優れているわけではありませんが、DAW完結の音が気になるなら一度試してみてもいいかもしれません。

個人的な意見として

上に書いたようにオーディオインターフェイスのアウトからだして、インプットに戻すだけっていうのもアナログ出しになりますが、あまりいい結果になったことがないです。あくまでも経験によるものです。オーディオインターフェイスの質に関わるので、一概に言えませんが。

あと、安価な真空管マイクプリを通すというのもネット上には否定的な意見も多くあります。「音を汚すだけなので〜」っていう類いのもの。

実際のところ、その通りなのでしょうが、この辺りは優先を考えていいと思うのですよね。例え音が汚れたとしても、温かみであったり、サチュレーションであったり、音の立体感であったり、狙った効果が得られるのならそれを優先してもいいのじゃないかなと。

汚れるっていう程度にもよりますが、多くはデジタルクリップのような嫌味な感じにならないのじゃないかなと思いますし。

使う目的ですよね。単に「音を良くするため」っていうのならやらないほうが良いと思います。具体的な狙いがあるのなら、試してみる価値はあるかなと。

UNIVERSAL AUDIO Apollo Twin

ua_apollotwinmkii_l1
UNIVERSAL AUDIO (ユニバーサルオーディオ) APOLLO TWIN MKII SOLO
UNIVERSAL AUDIO (ユニバーサルオーディオ) APOLLO TWIN MKII DUO
UNIVERSAL AUDIO (ユニバーサルオーディオ) APOLLO TWIN MKII QUAD

スポンサーリンク