【制作記録】リミッターを圧縮へ活用

limiter

新しい曲がミックス段階へ突入しました。

今回のテーマは圧縮。コンプでなくリミッター

新しい曲はアレンジとギターの録音を終えてミックス段階に入りました。

いままでと同様に今回もミックスにおけるテーマがあります。今回のテーマはタイトルの通り「圧縮への活用」です。

音の圧縮と言うと、まずコンプレッサーでの処理が頭に浮かぶのですが、今回はそうではなくリミッターをもっと活用しようというものです。

何も処理していない元音は、音の大きな部分と小さな部分にバラツキがあって、それをそのままにコンプで処理しても均一にコンプが作用しなかったり、

コンプを挿しても圧縮しきれないピークがレベルを突いてしまって、最終のマスタリングで音圧を上げれなかったりで結果的に”音圧が足りない”=”迫力がない”音になるのです。

そこで活用したいと思っているのがリミッター。

リミッターはフェーダーでの確認もできる

リミッターを使うからと言ってコンプ自体の設定をないがしろにする訳じゃなく、あくまでもコンプとリミッターの組み合わせです。

トラックに使ったり、バストラックに使ったり、コンプの上段に使ったり、下段に使ったりと、とにかくこまめに音をリミッティングしていこうと思ってます。ただ、圧縮が過ぎるとダイナミクスが失われるのでスレッショルドの設定と、あとはコンプ段でのアタック感の付け方。そのあたりのバランスを見ていかないといけません。

あと、リミッターを活用しだして気付いたのは、フェーダーの動きに今まで以上に敏感になってくるのですよね。最終的には音で判断する必要がありますが、EQのアナライザーと同じような感じでフェーダーを見ていると視覚的にも圧縮を確認したりできるのです。

あくまで目安ではありますが、フェーダーの振れ幅がちょっと大き過ぎるからもう少しスレッショルドを下げようという感じで。(最終判断は音ですけど。)

ダイナミクスを保ちながらも音はグッと圧縮する。今回はこのあたりを詰めてみようと思ってます。

スポンサーリンク