OYAIDEのラインケーブル「PA-02 V2」最大の違いは音のクリアさと分離感

OYAIDE PA02V2-1

音楽制作において素材の良さって言うのは、最後まで効いてくるのですよね。

ミックスの処理で補正を掛けれたとしても、もともとの録り音に問題がある場合は思うような結果にならないことも多々あります。

良い音で録れているものは扱いやすくて、エフェクト乗りだって良い。プラグインの細かい調整だって聴きとる事ができたりします。

良い音で録るためには、良い楽器を使う事、良いリスニング環境を構築することにはじまり、電源やケーブル、その他音が良くなる置物など細かいところまで拘りだすとキリがありません。

良い音が必ずしも良い音楽ではないのですが、最終の音質の仕上がりに満足するかどうかはとても大切のように思います。満足する音になっていれば単純に嬉しくなりますし、そうでなければ悔しくも。

正確には音質というよりも音の方向性と言うべきでしょうか。向かうべき方向性に向けて、可能な限りで自分の環境をブラッシュアップしていきたい。そんな想いから、今回のOYAIDE PA-02 V2の導入です。

OYAIDE PA-02 V2

OYAIDE(オヤイデ電気)のラインケーブルPA-02 V2。エンジニアやミュージシャン向けのNEOブランドから発売されているものです。

OYAIDEのラインケーブルでは、エントリーモデルのd+ TS class Bというものを持っていて、その音も迫力あるもので気に入っていたのてすが、PA-02 V2だともっと良い音で録音できるだろうと思い、導入してみました。

PA-02 V2のV2というのは、バージョン2のことです。バージョン1と2の違いは、導体に使用されているものが異なります。V2では新しく開発された102SSCという精密導体を使用。

102SSCは、
導体表層の不純物を100%除去、ダイヤモンドダイスによる線引きによって導体表面を極限まで平滑化、2回にわたるアニール処理、優れた導電率の実現などOYAIDEのこだわりが見える作りとなっています。

PA-02 V2 Series | NEO created by OYAIDE Elec.
優れた導電率(102.3%IACS)を実現 …

PA-02 V2の音質

OYAIDE PA02V2-2
音の比較は前述のd+ TS class B

同じ音源を録音しPA-02 V2とd+ TS class Bの音の傾向を聴き比べてみたところ、一聴して違いが分かりました。特に違いを感じたのは音のクリアさと分離感。

d+は、低域に量感をもたせ迫力を出すという音の傾向なのですが、低域が膨らむことにより全体がぼやっと聞こえたり、複数の音を同時に並べたときに団子になりやすい。分離が悪い状態になりやすいかなと。

それに対して、PA-02 V2はクリアです。解像度が高くひとつひとつの音がはっきりと聞こえ、分離も良い。素直な音のように思えます。

特にびっくりしたのは、各楽器の減衰音がはっきりと聞こえてくること。サスティンがどのように伸びるかとか、残響がどのように鳴っているかなど今まで分からなかった事が聞こえてくるのです。

この他、d+に比べ音に芯がある、レンジも広い、低域の締まりもあると言うように音質は一段上がった感じで価格差がそのまま音に表れている印象を受けました。少々値段がしますが、購入して良かったです。

PA-02 V2の主な仕様

導体 102SSC 0.75sq(19本/3E撚り)
絶縁体 発泡ポリプロピレン(赤・白)
シールド 102SSC編組(24組/8本/0.12mm)
内部シース LDPE(低密度ポリエチレン)
外装 オーディオ専用ハロゲンフリーシース
ハンダ OYAIDE SS-47
プラグ XLR:Switchcraft AAAシリーズ / Phone:NEO P-285T,P-285M

PA-02 V2

OYAIDE (オヤイデ) PA-02 TS V2/2.0 フォン-フォン
OYAIDE (オヤイデ) PA-02 TS V2/2.0 フォン-フォン

d+ TS class B

クリアさはPA-02 V2に劣りますが、手軽に迫力ある音にしたい場合はd+シリーズがおすすめ。
OYAIDE (オヤイデ) d+ TS class B 2.0m フォン-フォン(デュアル)
OYAIDE (オヤイデ) d+ TS class B 2.0m フォン-フォン(デュアル)

スポンサーリンク