温かく甘い音作りに使える レスリースピーカーのLogicプラグイン「ロータリーキャビネット」

logic rotor cabinet 1

Logic純正プラグインであるロータリーキャビネット

ハモンドオルガンなどで使われていたレスリースピーカーをエミュレートしたものです。

レスリースピーカーとは、固定式のスピーカーでなくスピーカー自体をモーターで回転させることでトレモロ/コーラス効果をもたらし、心地よい揺らぎを生み出すものとなります。

スピーカーが回転するというのは、救急車など近づいてくるサイレンが近くなるほどに音が高く聞こえ、遠くなるほどに低く聞こえるというドップラー効果を利用したスピーカーとなります。

さらに詳しい解説はこちらから

ロータリーキャビネット概要

logic_rotor_cabinet_1-2
右側のレスリースピーカー。高音部のホーン(上部)と低音部のドラム(下部)の発音部それぞれにマイクがセットされ、ダイナミックタイプ、コンデンサータイプなどから選ぶことができます。

logic_rotor_cabinet_1-3 2
右上の「MIC POSITION」をREARにすると、レスリースピーカーの背面にもマイクを設置することが可能。背面にセットすると一気に開放感のある音に。

logic_rotor_cabinet_1-4
左側はパラメーターセクション。揺らぎの速さや、スレテオ感、ローターの回転速度などを調性することが可能です。

モジュレーションプラグインに分類

Logicのモジュレーションプラグインに分類されているロータリーキャビネット

Logicのモジュレーションプラグインは、コーラスにしてもフェイザーにしてもアナログの温かみある音に定評があります。

今回のロータリーキャビネットも心地よい揺らぎから感じるアナログっぽい温かさ、そして甘いトーンが最大の特徴です。

logic_rotor_cabinet_1-6
スピーカーをエミュレートプラグインなので、キャビネットシミュレーターとしても使うことができ、マイクの距離(DISTANCE)や角度(ANGLE)パラメーターを変えることで音の立体感を調性することもできます。ドライなエレピや、ライン録音されたギターもこのプラグインを通すことで実際のスピーカーで鳴らしているような音にできたりも。

Logicのペダルボード Spin Box

logic_rotor_cabinet_1-5
Logicのペダルボード。ギターのストンプボックスとしてもロータリーキャビネットの簡易版であるSpin Boxが搭載されています。

パラメーターはシンプルですが、温かさと甘い音色はロータリーキャビネットと同様です。効果が強いと思う場合はSpinBoxの右側に配置しているミキサーでWET/DRYの比率を調性するのが良いかと。

または、インサートではなくセンドでの処理。ディレイ音などの隠し味としても面白い効果を発揮するのじゃないかと思いますね。

Logicにはアナログ感溢れる高品位なエフェクトが多数搭載されているので、今でもずっと使っていたりします。今回のロータリーキャビネットもおすすめのひとつです。温かさや柔らかさ、甘いトーンを求めている時に是非試して頂ければと。

Apple Logic

Logic Pro X
Logic Pro X (23,800円)
(2016.01.03時点)
posted with ポチレバ

スポンサーリンク