FURMAN SS-6Bを購入!電源のクリーン化による音質への影響を確認

DSC05500_2

DTM用の電源タップとしてFURMAN SS-6Bを購入しました。

SS-6Bの概要

FURMAN SS-6B
EMI/RFIフィルター …

FURMANから発売されいている電源タップSS-6Bは、

電磁波フィルターであるEMIフィルタ、
高周波フィルターであるRFIフィルタ、
雷などによる高電圧から保護するサージフィルタ、
過電流発生時に動作するサーキットブレーカー、

が搭載されており電源環境を改善することができます。

このSS-6Bはコストパフォーマンスが高いという評価も多くあり、ノイズはもとより、音質の向上を見込み購入しました。

DSC05523_2
こちらは箱。

DSC05524_2
上記の通り、ノイズフィルター搭載という表記。

DSC05500_2
ボディは金属製でがっちりとしたもの。オンオフのスイッチと6つのコンセント口があります。電源コード長さは4.5mほど。

大きさは235Wmm×85Dmm×45Hmm、重量は1.25kgとけっこうずっしりとくる重さです。

DSC05503_2
先ずは極性を確認。オーディオ機器などは極性により音が変化したりするので、しっかりと合わせたいところです。

電源をオンにして検電ドライバーを突っ込みます。右側がプラス、左がマイナスでした。極性が分かったところで次は機器の接続です。

オーディオインターフェイスを使用して音質を確認

SS-6Bによって見込める効果は、ノイズの軽減と音質の向上。この2つは複合的でもありますが、SS-6Bによって改善が見込まれるところでもあります。

今回はファーストインプレッションとして、まずは音質への影響がどれくらいあるか?をみてみました。

使用したのはオーディオインターフェイスのApollo Twin。iTunesで曲を再生させて音質を確認です。

オーディオインターフェイスの電源にSS-6Bを使用したものと、ホームセンターなどで買える千円程度の電源タップ(以下、千円タップ)を使用したもので音質を比較してみます。

DSC05407_2
千円タップはこれ。

音質評価

SS-6Bを使用したものは低域が豊かになり、音に迫力があります。安定した音になりました。光学式コンプから電子式コンプに変えたくらい音の安定感が増しました。(例えが分かりにくいですね。。)

ただ、音質が良くなったかと言うと微妙かもです。

千円タップの方が超高域が伸びて空気感を感じますし、音のダイナミクスもある。分離も良い。何をもって音が良いというかですが、どちらかを選べってなると千円タップの方を選びますね。(SS-6B、千円タップともに極性は合わせているので、単にタップの差がでたのだと思っています。)

電源によって音は変わります。フィルターの有無についてや、極性の違い、またアナログ機器やデジタル機器によっても変化の程度は異なります。今、手持ちの電源タップは、今回のSS-6B、千円タップ、あとはETAのディストリビューター、そして壁コンセントの4種のものがあるので、今一度電源周りの接続を見直してみようかなと。

SS-6Bがイマイチっぽいニュアンスになってしまいましたが、決して製品が悪いわけでなく相性の問題だと思ってます。ネット上にも評価の高いコメントは数多くありますし、ただ僕の環境にマッチしなかっただけ。しかも、iTunesの確認という限られた条件での評価です。

奥の深い電源の世界にもう少しだけ突っ込んでみるきっかけとなりました。

FURMAN SS-6B

FURMAN (ファーマン) SS-6B 電源ケーブル/タップ
FURMAN (ファーマン) SS-6B 電源ケーブル/タップ

スポンサーリンク