【DAWプラグイン】プリセットから学べる音作りの方向性

プラグインプリセット2

DTM、DAWにおけるエフェクトプラグインのプリセットの話です。

プラグインのプリセット

いままで音を調整する時は、プラグインのデフォルト値から手動で設定していくことが多かったため、プリセットはあまり使うことがなかったのですよね。

プリセット設定があることはもちろん知ってますが、ソースによって効果は異なるでしょうし、自分でパラメーターを触っていく方が色々な確認ができると思っていたのでいつもそんな感じで調整してきました。

ここで言うプラグインは基本的にはエフェクトの話です。反対にソフトシンセなど音源系は基本的にはプリセットから、場合によってはプリセットそのままって時もあったりします。

普段はあまり使うことのなかったエフェクトのプリセットですが、いざ設定を読み込ませると思いのほか色々な発見があったりして、設定を見ているだけでも結構面白かったのです。

WAVESのマルチバンドコンプレッサー LINEAR PHASE MULTIBAND

プラグインプリセット1
例えばこれ。マスタリングに使われるWAVESのマルチバンドコンプレッサー「LINEAR PHASE MULTIBAND」。このプラグインにもプリセットがあり、

プラグインプリセット2-2
上の画像は、「Multi Opto Mastering」というプリセットを読み込ませたものです。名前の通り光学式コンプで処理したような自然な音にしてくれるものです。

プラグインプリセット3-2
次は設定を変えて「Multi Electro Mastering」というプリセット。これも名前の通り、音をきっちりと圧縮する電子式コンプ設定です。

このふたつを比べるだけでも、設定から読み取れることは色々とあるのですよね。右下のニー設定はMulti Optoは「soft」、Multi Electroは「hard」になっていたり、アタックタイムやリリースタイムにも違いがあります。

Multi Electroはきっちりとした圧縮だけあって速いアタックタイムになっていたり、Multi Optoは数十msや低域では数百msまで遅く設定されています。

こういった違いがきっちりとした圧縮なのか自然な圧縮なのかという音にでてくるのですよね。

それにMulti Optoで低域だけアタックタイムをこんなに遅くしているのはどういう意図があるのだろう?これを速めると音の変化はどうなるのだろう?なんて確認もできたりします。

※ニーとアタックを取り上げましたが、もちろんこれ以外にも設定に違いはあります。

調整の方向性をもたすために

当たり前ですが、プリセットっていうのは具体的な数値がでているので、設定の勘所を掴むにはちょうどいいように感じますね。もちろんソースによって効果は異なるので最終的な判断は耳ですることが必要ですが、プリセットの意味合い、数値や音の変化などを理解できれば調整の方向性も持たせやすいのじゃないかと思ったりもしました。

ここに挙げたものは、あくまでも分かりやすい一例であり

プラグインによってはこういった考えができないもの、
プリセットネームから音を想像できないもの、
意図がわからないプリセットがあること、
など全部を把握することはできないですが、

WAVESをはじめ、多くのプラグインには多種にわたるプリセットが入っており、これらのプリセット設定についての理解が深まるほどに、音作りにも役立てるのじゃないかなと思ってます。

WAVES PLUGIN

WAVES (ウェーブス) Gold Bundle Wavesプラグイン(Native)
WAVES (ウェーブス) Gold Bundle Wavesプラグイン(Native)

WAVES (ウェーブス) Platinum Wavesプラグイン(Native)
WAVES (ウェーブス) Platinum Wavesプラグイン(Native)

スポンサーリンク