【DTM】コンプレッサーの使い方と設定のコツ。圧縮の基礎からミックスで使える具体的なテクニックまで

%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b5%e3%83%bc201701

ミックスのなかでも特に重要なエフェクトと言われているコンプレッサー。楽曲のクオリティは、このエフェクトを上手く扱うことができるかどうかにかかっています。

しかし、作品の迫力や聞き易さに大きな影響を与えるにも関わらずその存在は地味なものであり、ディストーションやリバーブのような派手な変化はありません。

コンプレッサーの重要性は理解しているけど、実際の使い方が分からない。コンプレッサーをインサートする目的が掴めない。どのような調整をしたらよいか分からない。そもそもコンプレッサーの音の変化が分からない。という人も多くいることだと思います。

本記事では、コンプレッサーについての理解が深まるよう、基本的なパラメーターの説明から、使い方、コンプレッサーの種類、実践的な内容までをまとめてみました。

コンプレッサーをインサートする目的

コンプレッサーとは、音を圧縮(Compression)するエフェクターです。リミッターなど同じダイナミック系エフェクトに分類されています。

ミックスにおいては必須のエフェクトであり、市販されているほぼ全ての楽曲で使用されているほどです。

必須のエフェクトであると言うのは、音を圧縮することによる効果、特に音の平均化が楽曲においてとても大切になるからです。

バラツキのある音はとても聞き辛く不安定な印象を聞き手に与えます。コンプレッサーを通すことで、大きな音を小さく、小さな音を大きくすることで音のバラツキを抑え聞きやすくすることができます。

音の平均化以外にも、コンプレッサーで得られる効果があります。

以下にコンプレッサーを使う代表的な目的や効果をまとめてみました。


  • 平均化
    音量バラツキがあるものを平均化し聞き易くする。音量のレベル差を小さくする。
  • 迫力
    音圧を稼ぎ迫力ある音にする。
  • アタック感
    音の粒を揃えたり、音の距離感を調整する。
  • 余韻
    音の余韻を持ち上げる(持ち下げる)ことにより奥行きやグルーヴをコントロールする。

ポイントとなるのは、何故コンプレッサーをインサートするのか?そのトラックをどのような音に仕上げたいのか?

コンプレッサーを使いこなすために必要なのは、先ずはコンプレッサーで何ができるのか、どのような効果を得られるのかを知ることです。

コンプレッサーのパラメーター

コンプレッサー201601-4
コンプレッサーを使いこなすためには、パラメーターを理解する必要があります。プラグインの種類によっては、調整できるパラメーターが少なかったり、一部の名称が異なっていたりしますが、基本的には以下の項目により、音をコントロールすることになります。


  • スレッショルド
    しきい値。入力音がこの値を超えるとコンプレッサーが作動。この値以下になるとコンプレッサーは停止。
  • レシオ
    しきい値(スレッショルド)を超えた信号の圧縮比率。
  • アタック
    しきい値(スレッショルド)を超えてからコンプレッサーが作動するまでの時間。
  • リリース
    しきい値(スレッショルド)を下回ってからコンプレッサーが停止するまでの時間。
  • ニー
    圧縮強度。緩やかな圧縮(ソフトニー)か、急な圧縮(ハードニー)を選択。
  • メイクアップゲイン
    出力に与えるゲイン。圧縮した分をこのゲインにて持ち上げる。
  • ゲインリダクション
    圧縮量。
  • Peak/RMS
    信号分析方法。通常は人の感覚に近いRMSを選択。

コンプレッサーの動作方式

コンプレッサー201601-5
コンプレッサーを動作方式の種類です。真空管、トランジスタ、光学式と信号を処理する方式によって音のキャラクターが変わります。

ハードウェアはもちろん、プラグインエフェクトなどのソフトウェアでも音のキャラクターを再現するため特定の方式をエミュレートしていたり、デジタルのメリットを活かし複数の方式がミックスされたものもあります。


  • VCA
    電圧制御アンプにより精密なコントロールが可能。レスポンス早く、クリーン。dbx160などで採用。
  • 真空管
    真空管回路による迫力のある温かな音が特徴。Faorchild 670/660などで採用。
  • FET
    電界効果トランジスタを使用。速いレスポンスが特徴。UniversalAudio 1176などで採用。
  • 光学式
    LEDやフォトセルなどにより圧縮動作を制御。マイルドなコンプレッションが特徴。LA-2Aなどで採用。

プラグインの種類

上に挙げたように、デジタルメリットを活かしたプラグインでは様々な種類のコンプレッサーがあります。プラグインにおけるコンプレッサーを一部紹介したいと思います。

コンプレッサー201601-6
APPLE LOGIC付属のコンプレッサー。DAW付属でありながらもデジタルからアナログまで複数の動作方式をエミュレートしているコンプレッサーです。デジタルの冷たい音に温かいアナログっぽさを与えるプラグインです。

コンプレッサー201601-7
Waves ルネッサンスコンプレッサー。素直で扱いやすい音質であることから、どんなソースにも合うようなコンプレッサーです。汎用的に使っていけるので有料版のプラグインを検討するなら先ず候補にいれたいもの。Renaissance MaxxGold Bundleなどに入っています。

apollo-uad-comp3
UAD LA-2A。伝統のハードウェアをデジタルで再現させたプラグイン。音はオリジナルを継承したものとなっており、伝統的な名器をCPUの許す限りいくらでもインサートできるのはデジタルならではの大きな強みです。

コンプレッサー201601-8
Native Instruments Super Charger。難しい操作の必要がないシンプルなパラメーターのコンプレッサー。パラメーターが多いからと言って求める音が得られるわけではありません。シンプルだからこそクリエイティブな音作りができることもあります。

コンプレッサー201601-9
Waves マルチバンドコンプレッサー。帯域別に圧縮ができるプラグインです。音のエネルギーの大きい低域は強く圧縮、反対に高域はあまり圧縮しないなどの設定では、音のレベルは抑えつつもコンプ感のない自然な音作りができたり。

デジタルのコンプレッサーの種類はおおく、DAW標準プラグイン以外にも様々なメーカーから発売されています。プラグインにより動作方式や音のキャラクターが異なり、通すだけで音の質感が変わったりするのもコンプレッサーの面白いところです。

また、単体のトラックへの処理に適しているもの、トラックをまとめたステム用に特化したもの、マスタリング専用に設計されたプラグインもあります。

調整のコツ

ここまでコンプレッサーについての基本的な事柄をまとめてきましたが、以降はもう少し具体的な使い方を記載していこうと思います。

「コンプレッサーは音を圧縮するものであり、基本的なパラメーターも理解している。動作方式により音が異なることも理解している。でもコンプレッサーを使いこなせない。コンプレッサーの音の変化が分かりにくために、実際のミックスで上手く使えない」

そんな人たちへオススメなのは、デフォルトパラメーターを決めること。そして調整のプロセスをパターン化すること。

デフォルトパラメーターは、プラグインを立ち上げたときの値でもいいのですが、メーカーによってまちまちなのでここでは適当な値を設定することにします。

デフォルトパラメーター

コンプレッサー201601-10
パラメーターはこのような値。レシオは4、アタック、リリースは10ms。そしてこの状態でゲインリダクションが-3dB〜-5dB程度になるまでスレッショルドを下げていきます。-3dBから-5dBというのは一般的な圧縮量なのでまずはそこを目安にしてコンプレッサーを作動させていきます。

その状態で圧縮が強いと感じるならもう少し緩く、またはもっと強い圧縮を望むならスレッショルドをもっと下げましょう。まずはこの状態で求める圧縮感をざっくりと調整します。

適時原音との聞き比べをして、音の比較をすると効果が分かり易くて良いです。聞き比べの時はプラグインのオンオフで同じ音量レベルになるように、メイクアップゲインなどの調整を忘れずに。基本的には音量が大きい方が良い音に聞こえてしまいがちです。

アタックタイム

ざっくりとした圧縮感の調整ができたなら、次はアタックタイム、ニーの調整へと移ります。

アタックタイムは、音の立ち上がり部分に注目しながら数値の大きい方から小さい方へ(例:50msから1msにかけて)ゆっくりと動かしていきます。アタックタイムが小さくなるにつれて音の立ち上がり部分が潰れていくことに注目します。

逆の方が分かり易ければ数値の小さいほうから大きい方(例:1msから50msにかけて)へ動かしてもいいです。この場合はだんだんとアタックが強調される(音の立ち上がり部分の音量が上がってくる)のがわかると思います。先ずは、アタック音が少し引っ掛かる程度を目安に調整するのが分かり易いかと。

コンプレッサー201601-11
ちなみにアタックが引っ掛かるというのは、上の図でいうとオレンジの矢印の範囲内。音のアタックのところ(スレッショルドを超えて音が最大になるまでのところ)でコンプレッサーが作動するようアタックタイムを設定することです。

アタックタイムと並行してニーの設定もここで実施。ハードニーだと天井感のあるはっきりとした効果、ソフトニーだと音の立ち上がりが緩やかで自然なものとなります。

はじめのうちは音の変化が捉え難いかもしれませんが、なんでもかんでも聞こうと思うのではなく、音の立ち上がり部分だけに集中するのが調整を実施するうえでのコツです。

リリースタイム

リリースでは、音の余韻部分をコントロールします。

余韻の持ち上がり方に注目しながら調整します。楽器の鳴りの部分であったり、録音した際の空気感を意識しながらアタックタイムと同じように数値の大きい(小さく)方から小さい(大きい)方へとゆっくりと動かしていきます。

この時に、音の余韻以外にもできればグルーヴも意識したいところ。ディケイやサスティンをコントロールすることで曲のノリが変わります。BPMを意識して、聞いていていちばん気持ち良いグルーヴになるようにリリースタイムを設定しましょう。

アタックタイム、リリースタイムを調整できたら、もう一度全てのパラメーターの見直しをしましょう。スレッショルドやレシオなどの微調整を繰り返し目的の音に仕上げていきます。

繰り返しになりますが、ドライ音との差を聞く場合は必ず音量を合わせましょう。方向性を確認するうえでも適時比較をしていくことをオススメします。

一歩すすんだコンプの使い方

圧縮感やアタックタイム、リリースタイムの変化を聞き取れるようになったなら、もう一歩すすんだコンプレッサーの使い方をしたいところ。

例えば、音の立ち上がりを強調した音にすると、前ノリに聞こえたり、距離が近い音像になったりと圧縮以外のコントロールもすることができます。逆に音の立ち上がりが遅いと、後ノリ、距離は遠くなります。

圧縮だけでなく、奥行きやグルーヴまでコントロールできれば、調整の幅がぐっと広がることだと思います。

まとめ

コンプレッサーは奥が深く、説明できていないところがまだまだありますが、ひとつ最後に書いておきたいのは、

パラメーターを変えると音は変化しているのです。そこに反応できるかどうかは意識次第です。注意深くその変化に意識を向けると違いが分かるはずです。

違いが分からないのは聴き方が分からないのです。聴き方を知るためには、コンプレッサーで何ができるかを知ること。調整のなかでは目的としている音の変化を注意深く聞くこと。きっと音の変化が聴こえてくるはず。

僕自身もまだまだ試行錯誤の段階です。もっともっと沢山の音を処理して、コンプレッサーというものを掴んでいきたいと思ってます。

Waves Plugin

WAVES (ウェーブス) Gold Bundle Wavesプラグイン(Native)
WAVES (ウェーブス) Gold Bundle Wavesプラグイン(Native)

WAVES (ウェーブス) Platinum Wavesプラグイン(Native)
WAVES (ウェーブス) Platinum Wavesプラグイン(Native)

スポンサーリンク