Apollo Twin付属のUADコンプレッサープラグインまとめ

apollo-uad-comp

Apollo Twin付属のUADプラグインについて書いてみました。

Apollo TwinにはRealtime Analog Classics Bundleが付属

Universal AudioのオーディオインターフェイスApollo Twinには、掛け録りやミキシング時に使用できる「Realtime Analog Classics Bundle」というUADプラグインバンドルが付属しています。

バンドルに含めまれるプラグインの数は決して多くないですが、どれもアナログ的な質感を与えてくれる非常に優秀なものばかりです。

UADプラグインを実際に使ってみると、巷での評価以上にインプレッションは良好で一躍デフォルトプラグインになったほどです。

今回は、そんなApollo Twin付属のプラグインバンドルの中から、コンプレッサープラグインに焦点をあてて書いていこうと思います。

バンドルに含まれているコンプレッサープラグインは以下の3つです。

コンプ/リミッター:1176LN/SE Classic Limiting Amplifier
コンプ/リミッター:Teletronix LA-2A Classic Leveling Amplifier
チャンネルストリップ:CS-1 Precision Channel

ちなみにマイクプリアンプの「UA 610-B Tube Preamp」についての記事はこちら。同じくApolloTwin付属のプラグインとなります。
アナログ感満載のApolloTwinのマイクプリUnison機能を試してみた

1176LN/SE Classic Limiting Amplifier

apollo-uad-comp2
かの有名なコンプレッサー1176をモデルにしたプラグイン。FETタイプであり超高速アタックタイムが可能なコンプレッサーです。

実機と比べるのことはできておりませんが、このプラグインをインサートすることで音が前に押し出され、ソリッドでありながらも温かみあるアナログサウンドに仕上げることができます。

ロックな音にも抜群に合うコンプレッサーであり、インプットを突っ込んで音をどんどんと太くするという使い方も可能です。

パラメーターは、レシオ4、8、12、20、全押しから選べ、INPUT、OUTPUT、ATTACK、RELEASEとシンプルな構成。

ちなみに1176SEは低レイテンシーバージョンであるためか、1176LNに比べると音はちょっと軽めです。

Teletronix LA-2A Classic Leveling Amplifier

apollo-uad-comp3
こちらも有名なオプティカルコンプレッサーのLA-2Aをモデルにしたものです。パラメーターは、コンプ/リミットモードの切り替え、GAIN、PEAK REDUCTIONの3つだけというシンプルなもの。

音は光学式らしくクリアで滑らかナチュラルな音で、アバウトでありながらも安定したコンプレッションサウンドを得る事ができます。他の光学式と謳ったコンプの中には音が不安定なものもあったりしますが、このLA-2Aはしっかりと音を圧縮してくれて、且つ自然なニュアンスをトラックに付ける事ができます。圧縮した時の音の潰れ方もすごく気持ちいいです。

CS-1

apollo-uad-comp4
CS-1はチャンネルストリッププラグインであり、このプラグインだけで、EQ、コンプ、モジュレーション、ディレイ、リバーブといった処理が可能です。

複合のプラグインだからといってなめてはいけません。音は十分にウォームでアナログ的であり、レシオやスレッショルド、アタック、リリースと各パラメーターを詳細に設定できる万能なコンプレッサーです。UADのスタンダードコンプ?と思えるほどの汎用性を兼ね備えたプラグインであります。

まとめ

UADプラグインの特徴としては、どれも質感が高くアナログ的な音にしてくれるのですよね。

インサートすることで音に太さや粘り、歪みを足してくれたりと単に圧縮をするというだけでなく、味気のない無機なトラックから有機質が生まれるような、そんな音楽的な処理をしてくれるのがUADプラグインの特徴であり、僕自身すごく気に入っているところでもあります。

Wavesのコンプレッサーと比べても、UADの方がアナログ感やリアルさ、音が立体的になるなど、音の印象は大きく異なります。もちろんWavesにはWavesの良さがあり、この辺りは使い分けかなと思っているのですが、ほんとにUADプラグインは一度使うと虜になってしまうほどの魅力があるのです。

Apollo Twinに付属しているUADプラグインは一世代前のものなので、現在は1176にしても次バージョンのものがでたりと進化を続けています。

最近リリースされているものは、さらに音の太さや粘り、歪み感などが強化されているようで、そちらも是非使ってみたいなと。そしてUADの沼へと足を踏み入れていくのです。

UNIVERSAL AUDIO Apollo Twin

ua_apollotwinmkii_l1
UNIVERSAL AUDIO (ユニバーサルオーディオ) APOLLO TWIN MKII SOLO
UNIVERSAL AUDIO (ユニバーサルオーディオ) APOLLO TWIN MKII DUO
UNIVERSAL AUDIO (ユニバーサルオーディオ) APOLLO TWIN MKII QUAD

スポンサーリンク